前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにしてホームに戻る〕 〔ホームに戻る

10666 re(1):バイリンガル子育ての裏側で 〜体力のこと〜
2014/2/17(月)04:01 - まり - 3499 hit(s)

引用する
現在のパスワード


どこの国でも、日本より体力は使わないのではないでしょうか?
アメリカ在住でしたが、まず体育の授業は遊びの延長のようなものでした。日本に帰国して、マット運動とかやったこともなく二重跳びとか色々初めてのことばかりでした。
サッカーを習っていたので、とぴ主さまのところよりは動いていたと思います。
でも、確かに学校は送り無え、外で遊ぶことはあんまり無かったですね。
特に、夏はものすごく暑い地域だったので外に出たら倒れてしまうと思います。

日本の勉強は、毎日させていましたし、補習校で実力テストをするといつも日本の平均点以上でした。

でも、いざ日本に帰国したら、勉強は全然できず毎日「バカ扱い」苛められましたよ。
塾でも、「バカ」とか「死ね」毎日のように言われました。
先生の前では優等生で、裏へまわると苛める様な生徒が何人かいました。
先生に色々言いましたが、「バカ」と言われても無視すれば良いのに。怒り過ぎなどと言うばかりでした。

結局、転校生って仕方が無いと思います。体力があったとしても、日本人と何かが違えばやっぱり苛めの対象になるのです。
息子の場合、幼いころアメリカに渡り転入した時も苛めがありました。
最初は、英語が出来なかったのでやっぱり色々言われました。

このような事が、息子を強い人間しました。
ちょっとやそっとではびくともしないです。
びくともしな過ぎて、先生には強いはっきりしすぎていると言われています。

日本人は、和を求めるから息子の様に自分の意見をはっきり言う事はタブーだとも言われました。(先生に)
帰国子女は、色々あると思います。
それを個性ととって認めてくれる先生や生徒が少ないように思います。





〔ツリー構成〕

【10665】 バイリンガル子育ての裏側で 〜体力のこと〜 2014/2/10(月)01:44 2児の母 (2212)
┣【10666】 re(1):バイリンガル子育ての裏側で 〜体力のこと〜 2014/2/17(月)04:01 まり (1414)
┣【10669】 re(2):バイリンガル子育ての裏側で 〜体力のこと〜 2014/3/3(月)23:21 2児の母 (1081)
┣【10668】 re(1):バイリンガル子育ての裏側で 〜体力のこと〜 2014/2/28(金)09:35 セーラ (549)
┣【10670】 re(2):バイリンガル子育ての裏側で 〜体力のこと〜 2014/3/3(月)23:39 2児の母 (1257)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにしてホームに戻る〕 〔ホームに戻る

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.