前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔HOME

711 障がい者をちょっと理解
2018/6/16(土)20:22 - アンパンマン似 - 73 hit(s)

引用する
現在のパスワード


障害者に必要なこと、たぶん、理解と、触れ方顔色見ながら。と言うことで、オペラと文章で、状態を現しました。理由は、、障害者を知らない人達に向けて、それと、24時間触れあっても足りなさそうなのに、一つの笑顔で良いと思っている人達にまだ、手を握ってあげ続けたほうが、成長障害のみんなには、良いのでは、と感じました。こう言う言い方だと、みんな嫌がると思いますが、子供と同じで、やんっちゃな所と、もじもじと一生懸命生きていたり言葉で伝えようとしている姿、何でも無い生活、仕事を100lで、おこなっている姿かわいそうと言うとにらまれそうですが、かわいそうで泣けてきます。言葉では、伝わりにくいので、音楽のオペラで、現しました。かわいい部分と闇。実話自分は、三歳ぐらいから身長が変わらない障害が、有る友達以外は、怖さを感じるので、二十四時間テレビも、見たことありませんでした。友達は、いつも、人の気持ちを気にして、周りの人の嫌悪感を探しているようでした。いっしょに路を歩いていると、すれ違う人に舌打ちをして、何でとその人に向けて、言っていました。ちょっとした嫌悪感を感じるので、どうにかしたいです。しかもみんなちやほやされるのが嫌いで、自分が作業所に一ヶ月仕事のリハビリでお世話になったときは、シャイでガラスのハートで、触れるのが、難しいと思ったのと、目が見えなくなり言葉を失い暗く下を向いていると声をかけてくれ、エライ人のギリギリの話をしてくれたり、カラオケに、誘ってくれたりみんなの姿を知らないと触れ方も判らないと思います。どうにかしたいです。ちなみに、周りの人が、、どう動いているか、判りません。それと、成長障害の女性のホームページに送ったリブロムです。視覚障害者なので、音声で読み上げる携帯で、打ち込んでいるので、文章メタメタで、読みづらくて、すみません。漢字も少々。知識も少々。おっさん少々。十年前ぐらいに、入居していた、視覚障害者リハビリ施設から、仕事のリハビリにと、三つの作業所を紹介してもらい、二ヶ月ぐらいおせわになりました。その時は、作業所の子は、シャイで、ガラスのハートに見えたのと、その時、目が悪く、相手の顔も見えず、まったく触れられず。暗い顔をしていると、作業所の子に、エライ人のギリギリの話をエライ人の横で、話してくれたり、移動の時は、手を引いてくれたりして貰いました。その当時は、部分的な言葉を言っている作業所の人の話を、スタッフ、作業所の子が、ちゃんと、理解して、効いているのを見ました。数年前ぐらいに、nhkに、出ていた子は、音声で読み上げるパソコンに、部分的な考えや、気持ちを、打ち込み、打ち込んだ、言葉を、一つ一つ聞き、それららを組み合わせて、伝えたい言葉にして、人と会話をしていました。すこしまえに、腰を下ろしたので、数年ぶりぐらいに、三つの作業所を、回り、腰を下ろしたので、これからは、お客で、ちょこちょこ、おじゃましますと、挨拶して、回ると、昔と変わった所は、かかっている音楽が、落ち着いた、ムーディーな雰囲気の曲、作業所の子は、静かになったと、思いましたが、チラ見ですけど、はみ出る子は、はみ出ているのを見て、昔のように、自由を感じました。しかし、作業所の子の話は、昔通り、理解して効いているだけでした。他の作業所は、どうですか、それと、ふだんは、何も持たずに、暮らしていますか、ブロムを拝見しただけですけど、一つ一つの言葉が、必要に、見受けられますが。考えや言葉が、足りなくて、こまって居るように見受けられますが。いつも、言葉や考えが、ありますか、頭が混乱したりまっ白になったら、何かの考え、言葉が、あれば、止まれるときがないですかね。メモとか、今は、いろいろありますね。携帯、スマアトホン、タブレットなどを使ったらいろいろ解決できませんですかね。本能に振り回されているように見受けられますが、自分で、なだめることは、できませんかね。それと、何かのきっかけが、あったりしませんか。見えないストレスやプレッシャーを見えるようにしてみれば良いのでは。人の姿形は、なんとなく知っているつもりで、過ごしていたり、知らないのが、当たり前だったり。自分は、人が見えないので、じゃれることが、できず、会話もかすりながらの会話なので、かなり人との距離が離れるのを感じ心が、弱っています。先ずは、環境、人を知るのが、一番でわないかと思います。全員で、できるだけ全部知る自分だけだと会話にならないので、みんなで、がんばってみては。みんなを口説くのは、難しいですけど、根気よくお互い文章と話し合いで。全員ブロムに表すことが、できたらすばらしいですね。視覚障害者にカギラズ、相手が見えないと会話になりません。特にその人自身の姿形の姿。言葉を聞いて、当たり前のように返事を返す。だいたいは、ほとんど主語だけの、一言に、総てを載せた言葉を使ってシンプルに、スマートな会話に。相手が、社長か、新人で、言葉の意味が変わったり、熱血の人かクール、落ち着いた人怒っている人、笑っている人で、言葉の意味が変わったりしますね。なので、性格やマイベストなどをその場所で、公表して、社会的にキツイですが、われわれ障害者は、ヨロイをはずし弱点を見せては、おいたちを見せたり。みんな心がうるおうのでは、でも、障害者は、みんな、ほとんど心が折れているので、自分が知った感じは、ほとんどの人が、おんなじ日常を過ごし、同じ会話をしている、たかが、手を洗うだけ、言葉をかけるだけなどを、動けずにいるのでこれらは、やや難しい見たいに思われます。病気になって知ったのですが、自分の目と体の炎症は、細菌、ウイルスだけが、原因ででわなく、皮膚に付いた細菌やバクテリヤ、汚れで、皮膚が、萎縮し、アカとかが、汗や他の分泌物もあると想いますが、それらがつまりリンパ液や他の分泌物が、とどまり、それらが炎症の原因でわと、思います。こうせいぶしつを、半年ぐらい、飲み続け、自分は、光も見えないのですが、光を感じ、手が薄らと見えアカのつまりさむけ、が、治り炎症もなくなりました。水ぶくれ、体の痛み、肩こり、だるさ、味覚、聴覚、などの感覚の鈍さや寝起きの悪さ、リンパや毛細血管がつまってくると、体を温めた時、一気に流れるのか、貧血の症状に、似ためまいなどや吐き気なども治りました。でも、日常の生活が、悪いので、数ヶ月で、また、同じ症状が、出てしまいます。正しい生活をしないといけないことを、知りました。こうせいぶしつは、主治医に相談してもいつもくすりの飲み方が、悪いと、貰えないことが、あります。こうせいぶしつは、主治医の指示に従わないと、くすりが、効かない微生物になってしまいます。古い薬は、飲まないようにした方が良いみたいです。治療が、終わった人も、医者に相談した方が、良いと思います。それと、障害者の人は、心が、折れていると思います、適当な返事、適当の受け答えや同じ会話、同じ食べ物を食べたり、まいっている、負けている人、適当に聞き流している。普通の会話も、知らない、言い方が、あれですけど、社会的地位がなくなり、人とのコミニケイションが、必要なのに。会話の勉強が、必要です。何も言えない人、相談できない人、が、多いです。これら知らない人が多いと思います。自分も最近知りました。ストレス、プレッシャーを一つ一つ理解して、解決していくのも大切だと思います。どう思いますか。


〔ツリー構成〕

【711】 障がい者をちょっと理解 2018/6/16(土)20:22 アンパンマン似 (6122)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔HOME

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.