トルティーヤでピザ

tortillas2.jpgCookpadに初めて自作のレシピをアップしてみました。http://cookpad.com/mykitchen/recipe/417685/
アメリカなら簡単に手に入る材料で作れます。メキシコ料理ファミレス・チリで食べた「ナッチョ・チーズ」がとてもおいしくて家で作ってみました。
詳しいレシピはCookpadにアップしてありますが、トルティーヤは両面2分づつ位焦げないように気をつけながらフライパン中火で焼くとパリパリになります。
先日、旧友のホーム・パーティーに招かれた時に、シェフがこのパリパリ・トルティーヤの上に色々なものを乗せてアピタイザーとして出していました。たとえばマッシュ゙Yam(マッシュポテトをヤムで作ったもの)を乗せて、さらにその上に細く割いたダックを乗せたもの(ダックには何かで味がついていました。)など、とても美味しかったです。他にもアイデア次第で色々使えそうです。

最高のブラウニー

browny.jpgチョコが濃いブラウニー♪Cookpadのナオミンさんのブラウニーレシピ。私のツクレンボが掲載されています(感激!)
ブラウニー嫌いの長男が「おいしい」と食べた、ブラウニー大好きな次男が「最高のブラウニー」と、ほおばった本当においしいブラウニーです。
とてもしっとりしているけど決して重たくなく甘過ぎず口の中でとろけます。後味も変にチョコレートの味がもったりと残ることなく、なぜかさっぱり。市販の箱入りブラウニーの場合、翌日は全体にパサパサしてきますが、このブラウニーは翌日も翌々日も焼きたてのようにしっとりです。レシピのタイトルは「チョコが濃い」となっていますが、全然濃い感じはしませんでした。(アメリカでよく食べるブラウニーに比べたら・・といことですが)
作り方も簡単!息子のリクエストで既に二回作っていますが、コツは卵を湯センにかける時、熱いお湯でやると白身が固まるので注意。卵は、とにかくしっかり泡立てる。あとは本家本元のレシピを参考に作ってみてください。
ちなみに私が使ったチョコレートは、クリスマスにもらって食べ切れずにいた40cm四方もある巨大ベルギー製の板チョコです。

病気にならない生き方


特に「胃腸が弱い」、「最近、食後に胃もたれするようになった」という方には是非読んでいただきた本です。
2年ほど前に話題になってから、ずっと興味があったのですが、やっと手に入れることができました。既にご存知の方も多いと思いますが、新谷先生は世界で初めて、大腸内視鏡を使うことによって開腹手術をすることなくポリープを切除することに成功。胃腸内視鏡外科医として、これまでに約30万例以上の人の胃腸を診てきた方です。現在もアメリカのアルバート・アインシュタイン医科大学外科教授として多くの命を救っています。彼の患者さんには、ダスティン・ホフマン、スティング、ジェニファー・ジョーンズ、レーガン大統領など有名な患者さんも数多くいて行列のできるお医者さんです。
新谷先生が、これだけ多くの胃と腸を内視鏡で診て来て気づいたのが、美しい胃腸を持った人(胃相・腸相の良い人)と、不健康で美しくない胃腸を持った人(胃相・腸相の悪い人)がおり、それはその人の食生活に大きく関係しているということです。
現在の医学は、臓器別医学で胃が悪ければ胃だけ、腸が悪ければ腸だけを診るというように単独の臓器だけを診て、それ以外の臓器、患者の食生活を含む患者の健康状態をトータルで診ることをしませんが、You become what you eat.で、様々な病気の背景には、食生活が大きく影響しているはずだと言います。つまり、人間の体はすべてがつながっており、たとえば歯が一本虫歯になっただけでも、その影響は体全体におよぶと言います。
新谷先生自身が、ご自分の提唱する食生活、新谷食事健康法を送っており、45年のあいだ、一度も病気になったことがなく、また新谷食事健康法を実践した新谷先生の患者さんは、ガン再発率ゼロ%。ガンやポリープと日々向き合う医者であるにもかかわらず、死亡診断書は一度も書いたことがないという実績を誇っています。
私は、小さい頃から、胃腸が丈夫な方ではなく、最近特に夕食後の胃もたれに悩んでいたのですが、この本を読んで、自分の食生活を見直してみようという気持ちに強くさせられました。
特に最近、新谷食事健康法書いてある実は体に悪いと言われているものを食べるた時に胃もたれや腸内異常発酵のような状態になっていました。それらは、主に牛乳、ヨーグルト、肉類、お茶類などです。
また、日本人とアメリカ人の胃腸の違い、食べ物に対する影響の違いなども、やっぱりという感じで大変興味深いものでした。日ごろ、夫や夫の義父、周りのアメリカ人を見ていて、この人たちはどうして、こんな巨大なステーキやテンコ盛りのアイスクリームを頻繁に食べて胃もたれしないんだろう?と不思議に思っていたのですが、その謎も「アメリカ人の腸と日本人の腸は何が違うか?」という章を読んで解けました。また、アメリカ人の異常な太り方をしている人を見て、なぜあそこまで太れるのか不思議に思っていた謎も解けました。
新谷先生いわく、日本人があそこまで太れないのは、そこまでいく前に胃を悪くして食べられなくなってしまうからなのだそうです。それだけアメリカ人の消化器官は日本人に比べ丈夫なのだそうです。また、アメリカ人の胃腸が丈夫なもう一つの理由は、アメリカ人の方が消化酵素の量が多いからだそうです。
やはり、私たち日本人がアメリカ人と同じように肉を食べたりチーズを食べたりするのは、健康的に無理があるということです。今年、日本に滞在中に10日ほど実家の母の純日本的な食事(納豆、焼き魚、海草Etc…)を摂っている内に、ずっと最近続いていた胃のもたれが解消したことでも、私の気持ちの中では、日本的食事をとることの大切さが裏付けられたように思います。(特にアメリカ的な食事をしているわけではありませんが、たとえば、我が家では煮魚や焼き魚でなく、バターソテーの魚が多かったり、オリーブ油を使った料理や、肉の多い食事が多かったりしています。)
本を読み始めてから、新谷食事健康法を完全実施するには至っていませんが、とにかく悪いと言われているものの摂取量を減らすことから始めているのですが(一日二回の紅茶と3回の緑茶をやめボトルの水を飲む。肉の量を減らす。揚げ物を減らす。朝起き抜けに水をのみ20分置いてフルーツを食べ、それからまたしばらくして食事をする)、3日目で夕飯の後に必ず胃もたれして辛かったのが解消、そして今2週間目位ですが、胃腸の調子が絶好調です。気のせいか一日を通して疲労感も少ないです。(とにかく私は紅茶が大好きなので、朝一杯の紅茶が飲めないのは、最初の数日間は、とても辛かったです。)
新谷食事健康法を完全実施するのは、かなり難しいとは思いますが、自分でできる範囲で実行してみればいいんじゃないかと思います。
特に印象的だった章:
日本人の胃がん発生率はアメリカ人の10倍
胃薬は飲めば飲むほど胃は悪くなる
牛乳を飲み過ぎると骨粗しょう症になる。
「ヨーグルト神話」に疑問を感じるこれだけの理由
マーガリンほど体に悪い油はない
牛の乳や本来、子牛のための飲み物である
習慣は遺伝子を書き換える
やせたい人は「良い水」をたくさんとろう

大葉にんにく醤油

oobaninniku.jpgCoocpad レシピID:248794>初夏に植えたシソが、勢いよく伸びています。なんとか全部の葉を無駄にせず保存できる方法はないかとCookpadで検索していて、このレシピに出会いました。
炒め物やラーメンに、この大葉にんにく醤油と葉を千切りにして加えるとグッと一味おいしくなります。
Cookpadに最近はまって「つくレポ」も書き始めたのですが、こちらの日記でも、これから私の作ったCookpadレシピの中で特においしかったものを紹介してみようかと思ってます。

来日するアメリカのセレブ

kuruuni.jpg以前、男の魅力で話題にしたGeorge Cloonyが新作映画の宣伝で来日しているということでManichi Dailyにたくさんお写真がアップになっていたのですが、こちらが、その中の一枚http://mdn.mainichi-msn.co.jp/photospecials/graph/070731clooney/9.htmlです。ジョージが日本のファンのために手を合わせてお辞儀をしています。どこで誰が始めたのか、ハリウッドスターには、日本に来て、こうやって間違ったお辞儀をする人が後を絶ちません。
日本はハリウッド映画にとって海外第1位のマーケット。アメリカで大金をかけて作ってコケた映画も日本で大ヒットして黒字になる場合も多いんだそうです。(これは、日本での日本語タイトルのつけ方と映画の宣伝文句の上手さによるところが多いと思います。私が見て、ウワーつまらなかった、と思った映画でも、後で日本の新聞や雑誌での宣伝やコメントを読むと、え?この映画、こんなに面白かったっけ?と思うこと、しばしばです。)とにかくハリウッドスターにとっては、極東の国ジパングは黄金の国。遠いし時差はあるしプライベートジェットがあったって、来日するのはきっと面倒くさいはす。でも、特にアメリカで封切られて一週目、興行成績が発表され、それが芳しくないとわかったら、後は頼るは日本市場。わざわざ日本参りする理由もその辺にあるわけです。
それに、多くの映画にお約束のように日本人を喜ばせるようなシーンが入っています。たとえば新しい映画「トランスフォーマー」では、主人公がロボットを見て「これは、すごい。日本製に違いない」と言う場面。どこかでチラッと日本や日本人を登場させて日本人の自尊心をくすぐっているのです。
それにしても、相も変わらず、手を合わせてお辞儀するアメリカ・セレブたち。来日すれば「日本は最高。日本大好き。」と寒いリップサービスを並べていますが(もちろん、それで彼らにはApperance Feeというのがガッポリ入るそうです。)、もうちょっと日本の文化を勉強してから来たら?と思ってしまいます。
また、日本のマスコミも、いつもお決まりのように「○○は長旅の疲れも見せず、ファンの握手攻めに笑顔で気軽に応じた」などと書いていますが、それで彼らは大金ががっぽり入るんだから当たり前だろ!と、外国セレブをどっこいしょし過ぎ記事もいい加減止めたら?!と言いたくなります。

靴下に糞

kuso.jpg昨日、次男の自転車がパンクしたので修理に持っていったサイクル・ショップに並んでいた靴下の写真です。
日本人が、とんでもないキテレツ英語のTシャツを、その意味を露知らず真顔で着ていることはよくありますが、最近はアメリカでも変な漢字やカタカナ(っぽい)デザインがプリントされたTシャツなどをよく見かけます。今まで私が見て「ん!?」と思ったものは、なぜか「秋田少年野球団」だったり「朝日新聞」という言葉が無数に印刷されてあるTシャツだったりしましたが、昨日発見したこのソックスは、ちょっとひどすぎますよね。