春の味覚ホワイト・アスパラガス

 

whiteaspa.jpgアメリカの食卓でお野菜の季節感は、あまりないですが、ホワイト・アスパラガスは今が旬。スーパーでも緑のアスパラガスに並んで置いてあるのを見かけます。値段もこの季節だと緑のアスパラと変わりません。

ホワイト・アスパラガスと言えば、瓶詰め!と思っていたし(子どもの頃、あのシナシナなアスパラにマヨネーズをつけて食べるのが大好きでした。)、調理法がわからなかったので、以前は敬遠していたのですが、友達からクリスマスプレゼントでもらった世界の野菜の調理法という本の中に、調理法が載っていたので試してみたところ、瓶詰めにはない、甘みと歯ごたえがあって、おいしくて、一人で十数本も食べてしまいました。

調理法

たっぷりのお湯
レモンジュース 大さじ1
塩 小さじ2
砂糖 小さじ2
バター 大さじ1

アスパラ
1.茎の固そうなところは少し切り落とす。

2.さらに茎の下の方の固そうな部分はピーラーで皮をむく。(まな板の上に寝かせてやると、折れずにきれいにできます。ここまでは、緑のアスパラと同じです。)

3.お鍋に水を沸騰させ、その中にレモン汁、砂糖、塩、バターを入れて8~15分くらい(アスパラの太さによって随分違います。とても太い場合は15分~25分)アスパラに透明感が出て、トングで持ち上げた時に、しなっとへたっている感じになるまで茹でます。ちゃんと茹で上がっているかどうかを調べる唯一の方法は、一本切って食べてみることです。茹であがったら、水分をペーパータオルなどでとります。水分があるとマヨネーズなどソース類が滑ってしまい、よく絡みません。

あとは、私はやっぱりキューピーマヨネーズで食べるのが一番好きですが、胡麻ダレもいけます。

白いアスパラは、土をかぶせて日が当たらないようにして育てたもので、緑の普通のアスパラと同じ種類なんだそうです。

痛むのがとても早いので、できれば買ったその日に食べた方がいいです。