ブルーベリージャムとペストソース

bluebe.jpg毎年、今の時期に作りおきするのがブルーベリーのジャムとペスト・ソース(日本だとジェノバソース?と言ったかな?バジルのソースです。)

ブルーベリーは私の住むニュージャージー州で取れるので6月位からとても安く手に入ります。Basil(バジル)は今が正に旬。

ペスト・ソースはおいしい物は買えば高いけれど自分で簡単に作れます。Basilの他に準備するものは松の実(pine nuts)、にんにく、パルメザンチーズ、オリーブオイル、塩。

 

bajil.jpgバジルは二束買ってきて(ファームマーケットで、切り立てをとても安く売ってます。)、茎を取り除き、あとは適当に全てをフードプロセッサー、なければミキサーに入れて粉々にするだけ。小分けにして冷凍庫で保存できます。パルメザンチーズに塩気があるので、塩は味見をしながら入れます。または塩なしで作って、調理で使う時に塩を足してもOKだと思います。

カロリー控えめにしようとオリーブオイルを減らしてしまうとバジルがうまく細かくなりません。またバジルを一遍に全部入れてしまっても上の方が細かくならないので、バジルを一掴みずつ入れてはオリーブオイルを回しかけて様子を見ながらミックスしています。

ペストソースを使った我が家の定番料理は、ペンネと海老のペストソースあえ。ペストソースはたっぷりの方がおいしいです。ペストソースは魚にもチキンにも合いますし、イタリアレストランでは、よくエンジェルヘアー・パスタとあえて出てきます。

ブルーベリージャムはブルーベリーの50%の砂糖を入れて、ポテトマッシャーなどで適当に粒を残しながらも好みでつぶしてしまいます。果物が酸性なのでホウロウ鍋がいいそうです。あとは、混ぜながら中火弱で底にヘラで1の字を書けるくらいになるまで煮詰め、最後に火を消して、さっとレモン汁少々を混ぜて出来上がり。

やっぱり自分で作ったものは甘さも控えめだしおいしいです。

Leave a Reply