4月26日  米国の社会的責任を果たすための医師団による共同会見:福島原発事故「子供の許容被ばく線量高すぎる」と疑問


アメリカの原発もいかに安全でなく安全対策が求められるとの指摘。そして、特に27分あたりから注目。 被爆による発ガン率は女性は男性より影響を受けやすく、子供は成人の2~3倍になる。日本が現在、子供に対して大丈夫だとしている許容量は「ショッキング」だと言っています。
内閣官房参与辞任した小佐古氏、政府の対応に納得できないと辞意

こちらはスリーマイルアイランドの研究者によるコメント。