93才のヨガ・インストラクター

私が初めてヨガに出会ったのは20代前半。先輩がヨガの先生で、彼女の自宅スタジオに1週間に1度、1年くらい通っていました。でも、別に特に得ることもなく、その後の人生でも、気が向くとストレッチ感覚でジムでやっているクラスに参加する程度でした。

でも3年ほど前に、なんとなく「またヨガでもやってみるか。どうせやるなら、本格的に・・」と思い、検索してみたところ、歩いて2分のご近所さんがヨガを自宅で教えているのを発見。これまで、15年以上ご近所さんだったのに、まったく面識のない方だったのすが、1度目のレッスンから彼女の教えるヨガにほれ込んでしまいました。

彼女は現在60才。でも、彼女の取るポーズはとても美しく、こんな風になりたい!と思いました。

以下のビデオは、なんと現在93才のヨガの先生の動画です。「人生はシャンパンを飲むようなもの」「学ぶことがたくさんあり過ぎて人生の時間が足りない」などなど素敵なことをたくさん言ってます。

ところで、去年日本に行った時に受講したヨガの先生が87才でした!このYoutubeの先生にまったく負けないどころか、もっと若々しくて声に張りがあり、肌もぴちぴち、体も柔軟、ふくよかで、笑顔が美しい方でした。こんな風に年を重ねられたらいいなーとつくづく思ったのでした。

ご年配の方の話題ついでに、以下は102才の日野原重明先生のFace Bookに毎日ひとつアップされているインスピレーションです。

★健康法を探すより日々に張り合いや目標を見つけましょう。
★生きている限り自分で自分を育てていかなければなりません。

100才過ぎてFacebookを始めた先生、すごいですよね。末席ながら私の母も人生ずっと金槌だったのが60才で水泳を始めて泳ぎをマスターし、70過ぎてからPCを始めて、今では趣味の折り紙教室では最高齢にも関わらず会計担当でエクセルを使いこなしています。人間やればできるんですよね。

今年も年が明けて、あっと言う間に、なんと1か月が過ぎて、もう2月です。日野原先生は、毎年ひとつ何か新しいことを始めるそうですが、私は今年の年初めに目標を立てそこなってしまったので、一つ何か考えてみようと思います。

お薦めキッチン・ガジェット

gadget1.jpg

今日、買ってきた2点。優れものです。最初の写真は
Chef’n Twist’n Peel Garlic Peeler
ガーリック片を入れて蓋をしてくるっと回すとガーリックの皮がきれいに剥けます。半信半疑でやってみたら、感動の向け具合でした。

キッチン・ガジェットの店で買ったのですが、今Amazonで見たら、3ドル安かったです。一緒に同じものを買った友達も、これはいいとのレビューです。

もう一つはJoseph Joseph Garlic crusher。普通のガーリック・クラッシャーは、にんにくを潰した後、中にこびりついて洗うのが大変ですが、これは、簡単に洗えるし、複数のガーリック・クローブを短時間で潰すことができます。

gadget2.jpg使い方は、まな板ににんにくを置いて、このクラッシャーを上からギュッと押し付けるだけです。すると皿状の凹んだ部分に潰したガーリックが出てくるので、スプーンでこそげで使います。

やはり一緒に購入した友人いわく、こちらは、「潰すのに力が要る」とのことでした。確かに、まな板の上ににんにくを置いて、上から思いっきりぐっと体重をかけてやる必要はありますが、結構、腕力に自信のある私には楽勝です。