盲腸で入院

なんと先週、急性盲腸炎でお産以外で病気では初入院でした。

火曜日、朝から食欲がなく、夕方頃からいよいよ気持ち悪くなり始めて、夜に嘔 吐。昨晩のチキンとツナのBBQのせいか?と思い、早々にベッドに入りました。でも、下腹の痛みで、寝付けず、朝3時頃に日本で買い置きしてあったロキシ ニンを飲んで、やっと眠ることができました。

翌朝、目覚めると痛みはあるものの、寝込むほどではなし。その日、夫と息子が、1週間の予定でドイツに行く予定だったのですが、旅行をやめてもらうほどでもないと思い、いってらっしゃいと送り出しました。

昼過ぎに、やはり、下腹のうずきはあったので、夜にまた痛くなってもいやだと思い、念のためファミリードクターに電話するも、本日はもう予約が取れないとのこと。仕方なく、近くの予約なしで行けるUrgent Careをネットで見つけて行きました。

幸 い、全く混んでいなくて、医師にすぐに見てもらえて、お腹を何度かおした後に、「盲腸かもしれないから、すぐにERに行って。今、紹介状を書くから。」と 言われ「え~?それほど痛くないんですけど。ER行かないと駄目ですか?」と聞くと「Nothingということもあるかもしれないけど、そうじゃない場合 もあるから、ERに行ってください。僕からも後で病院にフォローアップしますから。」と言われ、そのまま家に帰ろうかと逡巡しつつも、大学病院のERは、 そこから5分の場所だったので、しぶしぶ行きました。

そして、チェックイン。もちろん、待てど暮らせど順番は来ない。その日は、また患者 が多い日で、看護師さんがCrazy Dayだと行っていました。もう、このまま帰ろうかとも思ったのですが、窓口で既に100ドルを払わされていたので、元を取らなければという気持ちもあっ て、とどまることにしました。それが午後3時頃。

ちょうど、URGENT CAREから出たところで、夫から電話があって、息子のパスポートの有効期限が1ヶ月しかなく、ドイツに行くには3ヵ月必要ということで、仕方ないから一人で行くからと電話あり。

診察待ちの個室に、すぐに通され、看護師が入れ替わり立ち代り症状を聞いたり、血圧を測ったりして、やっと医師らしき人が現れたのが、午後の8時。

こ の間、幸い、キンドルだけは持っていたので、どっぷり読書できたので、なんとか時間をやり過ごすことができました。「盲腸かもしれないから、キャットス キャンを取るので、造影剤を飲んでね」と死ぬほどまずい、マックシェークのLLサイズのようなものを渡され、早く帰りたい一心で一気飲み。「飲み終わって から2時間後のキャットスキャンになります。」と言われ、え~ってことは夜の10時かい?たぶん、このペースだと11時もありか!その挙句に、なんでもあ りませんでしと言われて帰ることになるんだろうな!きっと!と思いつつ、もうまな板の上の鯉。

そして、呼ばれたのが、やっぱりの11時。 さー、キャットスキャンに入るぞ!という瞬間に、技師さんに救急連絡で、重症患者が運び込まれたので、その人が先になりますとのことで、部屋の外へ。私と 入れ替わりに頭から、血を流した意識のない青年が運び込まれ、またまた待つこと30分あまり。

なんじゃ、かんじゃで待合室に戻ったのが、真夜中過ぎ。そして、1A.M.医者が来て、「やっぱり盲腸でした。このまま入院で、明日朝一番の6時に手術です。」とのこと、私「OMG!!!」

な んにも、持ってきてないし、30分で家に帰って、荷物つめて戻って来ます。I promiss!!」と訴えたのですが、「そうすると、医師の診断に反して、ということになって保険でカバーされなくなる可能性がありますよ。」と言わ れ、泣く子も黙る恐ろしいアメリカの医療費を思い、即、家に戻る案はギブアップ。

本当に不幸中の幸い!!家に戻っていた息子に電話して、「今から必要なものをテキストするから持ってきて。」ということで、PC、下着、洗顔フォーム、化粧クリーム、メークおとし、などを頼み、息子が来たのが1時半ごろ。

入院部屋に移動するので、待ってくださいねと言われたので、持ってきてもらったPCで「Youはなにしにニッポンへ3時間スペシャル」を見つつ、部屋の準備ができましたといわれたのが、ちょうど3時間見終わった時。つまり朝の4時半。

1時間半後には、手術だなーと思いつつ、うとうとしていて、目が覚めたら、既に8時。看護師さんに「あれ?私の手術の時間過ぎてる?」と聞いたところ、「ちょっと遅れてます。」と言われ、実際に手術したのは11時。

そして、話ははしょりにはしょって、退院は、翌日です!手術翌日の朝8時に、今日退院できるからと言われ、またまた待ちに待って、ようやく退院したのが4時P.M.

そ うそう、食事なんですが、手術の2日前は気持ち悪くてほとんど何も食べておらず、おまけに吐いていますからお腹は、からっぽ。1日前は、やっぱり絶食状 態。手術当日の夜だけ流動食。(真っ赤なゼリーとスープの上澄み液のようなもの。)そして手術の翌朝は普通食ということで、運ばれてきた朝食はパンケーキ 2枚とパンケーキに負けないくらい多きなチョコチップクッキー。

パンケーキを一口食べた途端に、OMGな甘さ!絶食3日の後の食事がこん な血糖値がスカイロケット的に上がる食事でいいのかい!!アメリカの病院は患者を殺す来かい!!と思いつつ、ナースコールで、「すみません。砂糖の入って ない朝食チョイスはありませんか?」とお願いして、持ってきてくれたのが、チェリオとライスクリスピーとスペシャルKの箱とWholeミルクとLow Fatミルク。どれがいい?と聞かれ、うーん、じゃ、スペシャルKとWholeミルクで・・・。

他に驚いたことと言えば、入院中にナースが5人は入れ替わり立ち代り来たのですが、全員、男性!ちょうど去年の今頃、父が日本の病院に入院していて、病院のナースって女性社会、女の園だなーと思っていたので、最近のアメリカの男性ナース率の多さに驚きました。

あ と、入院したのは大学病院で医師をトレーニングする場でもあるとのことで、入れ替わり立ち代り入ってくるレジデンスの若い医師たちが、ほとんど白人じゃな いこと。インド系、アジア系の圧倒的な多さです。きっと近い将来、この分野はインド系、アジア系に占有されるんだろうなと実感しました。特に、NJ州はそ うなのかもしれませんが。

それから、私と相部屋だった人が、なんと300ポンドの巨漢!交通事故だったそうですが、部屋に入ってから、私 が退院するまでの間、彼女が飲んだ液体はダイエット・コークのみ!あれだけ、大きい女性をナマで近くでは初めて見ました。まるでディズニー映画のリトル マーメイドに出てくるタコおばさんアースラ。洋服の着替えから下の世話、レントゲン室に連れて行くのも、大きな男性4人がかりで、それでもカーテンの向こ うから、男性たちの重量挙げ的な声が聞こえるほどでした。

まー、そんなこんなで、長い私の入院記を最後まで読んでくださった方。ありがとうございます。いったい、いくらの請求書が来るのか恐怖の楽しみです。また、この場でご報告します。

P.S.
手術は腹腔鏡手術なので、回復も早く、それでも1週間は、腹筋がまったく利かず、仰向けにしか寝れずに辛かったですが、今は、ほぼ平常どおりになりました。