20100830_inq_sair29-a

エアコン普及前のマンハッタン風景

Date Created/Published: [between ca. 1910 and ca. 1915] - Library of Congress, Prints & Photographs Division, Bain Collection - Reproduction number: LC-DIG-ggbain-09816 (digital file from original neg.) - Rights Advisory: No known restrictions on publication.
Date Created/Published: [between ca. 1910 and ca. 1915] – Library of Congress, Prints & Photographs Division, Bain Collection – Reproduction number: LC-DIG-ggbain-09816 (digital file from original neg.) – Rights Advisory: No known restrictions on publication.
今日は、また格段に蒸し暑いNJ。朝からエアコンがフル稼働しています。涼しい部屋でネットサーフィンしながら、エアコンが発明されたのって一体いつなんだろう?1902年NYのウィリス・キャリア氏が発明)エアコンが普及する前にマンハッタンの生活ってどんなだったんだろう?と興味を持って”NY before air conditioning”でググってみたろころ、以下の記事がとても面白かったので、興味がある方は読んでみてください。(英語のみですが)。

http://www.newyorker.com/magazine/1998/06/22/before-air-conditioning
(筆者を見たら、アーサー・ミラーになってます。あのアーサーミラー???なんでしょうか。)

超要約すると、

  • エアコン普及前のマンハッタンの人々は夜はバルコニーや外で寝ていた。
  • こどもたちは氷売りの後をつけて、少しでも氷のかけらを手に入れようとしたり、なめようとしたりした。
  • 週末のビーチは、芋の子を洗うようだった。
  • 皆、汗だくでくさかった。

などなど、都会の耐え難い暑さが目に浮かびます。

さらに同じキーワードで画像検索でググると、正に上記のような光景を映した写真が、いくつか出てきます。

20100830_inq_sair29-a

Leave a Reply