ガッテンの豆腐を検証

前回のガッテンでやっていた豆腐をおいしくする方法。絹ごし豆腐の水切りをしてフードプロセッサーに30秒かけるだけというもの。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161109/index.html

アメリカの豆腐でもできるのか?!夜の10時にもかかわらず、さっそく冷蔵庫にあったWhole Foodsブランドの豆腐でやってみました。結果、マ、マズイ。なんだこれは!!またガッテンに騙された!!ガッテンによると、豆腐には実は油がかなり含まれていて、その油がフードプロセッサーにかけることで、飛び出してきて舌で味わえるようになり、まろやかさを感じるというもの。

でもWhole Foodsの豆腐の場合、なんだか変に粉っぽい味になって、大豆の味もしないし、まろやかさとは程遠い。(もしかしてニガリで固めてないとか?)

でも、あきらめきれずに、もしかしたら別種の豆腐ならうまく行くのかも!と思い、どこのスーパーでも売ってるNASOYAのSilken TOFUでやってみたところ、「おいしい!」まるで、「波乗りジョニー」!MITSUWAで「波乗りジョニー」を買うと5ドル以上と勇気のいる買い物だけれど(日本のスーパーで100数円で売ってるのを見た時はクラっときました。)、これなら、いつでも食べられる!!

コツなしですが、NASOYAのSilkenは、かなりゆるゆるなので、しっかり水切りをしてから、やった方がおいしいと思います。

それから以前「波乗りジョニー」のパックに食べ方の提案として書かれていたのが、少し塩昆布を乗せてその上からオリーブオイルをたらして食べる方法。(フジッこの減塩塩昆布がお薦め。)今、私はこれにはまってます。

付けたし・・・大目に作っておいて、翌日のお味噌汁にスプーンですくって浮かべたり、お粥(最近、お米から炊くお粥に凝ってます。)にトッピングしてもおいしかったです。

豆腐