200人の兄弟姉妹がいる

WNYC(New York Public Radio)で先ほど流れていた「精子ドーナー世代」という話題に思わず耳を奪われました。現在アメリカでドーナーの精子から生まれた人は少なくとも100万人だそうです。精子ドーナーの会社は、大学、特にアイビーリーグの近くにオフィスを構え、頭脳明晰な精子を歓迎しているそうです。1回の献精子の相場が150ドル。学生にとっては、良いアルバイトで、週に2~3回献精子をしている人もいるそうです。

sperm

途中から聞いたので、最初の部分がわからないのですが、ある精子ドーナーは、わかっているだけでも子供が200人以上いるとのこと。この精子ドーナーは金髪碧眼、大学出、経済学専攻、背が高く、フットボールチームに所属していて、両親ともに健在(早死にしない精子であるという意味で)というのが、大きなアピールポイントだったそうです。

昔は、同性愛者が精子を買うことは禁じられていたそうですが、今は合法化され、特にレズビアンカップルの多い、サンフランシスコ地域では、将来子供が大きくなってから、知らずに兄弟姉妹と恋に落ちて子供を作ってしまわないように、ドーナーの番号を子供達に覚えさせている人もいるんだそうです。

韓流ドラマでは、生まれた病院で姉妹が取り違えられて兄と恋に落ちてしまう悲恋ドラマがありましたが、それどころの話ではありません。

10年前位になりますが、友達のパーティーで、たまたま隣に座った30代後半くらいの女性が、いきなりディープな話で、「私は人生で一度もボーイフレンドがいたことがない。でも子供がどうしても欲しいので一回、5000ドル(数字はちょっと、うろ覚え)で精子を買っている。」とのこと。人種はもちろん、髪の色、目の色、学歴、背の高さを書いた、男性ドナーのカタログがあって、そこから選べるのだそうです。なかなか種がつかなくて今度5度目のトライをするのという話でした。ご両親も彼女の決断をバックアップしてくれているということで、かなり驚いたものでした。

 

 

 

 

93才のヨガ・インストラクター

私が初めてヨガに出会ったのは20代前半。先輩がヨガの先生で、彼女の自宅スタジオに1週間に1度、1年くらい通っていました。でも、別に特に得ることもなく、その後の人生でも、気が向くとストレッチ感覚でジムでやっているクラスに参加する程度でした。

でも3年ほど前に、なんとなく「またヨガでもやってみるか。どうせやるなら、本格的に・・」と思い、検索してみたところ、歩いて2分のご近所さんがヨガを自宅で教えているのを発見。これまで、15年以上ご近所さんだったのに、まったく面識のない方だったのすが、1度目のレッスンから彼女の教えるヨガにほれ込んでしまいました。

彼女は現在60才。でも、彼女の取るポーズはとても美しく、こんな風になりたい!と思いました。

以下のビデオは、なんと現在93才のヨガの先生の動画です。「人生はシャンパンを飲むようなもの」「学ぶことがたくさんあり過ぎて人生の時間が足りない」などなど素敵なことをたくさん言ってます。

ところで、去年日本に行った時に受講したヨガの先生が87才でした!このYoutubeの先生にまったく負けないどころか、もっと若々しくて声に張りがあり、肌もぴちぴち、体も柔軟、ふくよかで、笑顔が美しい方でした。こんな風に年を重ねられたらいいなーとつくづく思ったのでした。

ご年配の方の話題ついでに、以下は102才の日野原重明先生のFace Bookに毎日ひとつアップされているインスピレーションです。

★健康法を探すより日々に張り合いや目標を見つけましょう。
★生きている限り自分で自分を育てていかなければなりません。

100才過ぎてFacebookを始めた先生、すごいですよね。末席ながら私の母も人生ずっと金槌だったのが60才で水泳を始めて泳ぎをマスターし、70過ぎてからPCを始めて、今では趣味の折り紙教室では最高齢にも関わらず会計担当でエクセルを使いこなしています。人間やればできるんですよね。

今年も年が明けて、あっと言う間に、なんと1か月が過ぎて、もう2月です。日野原先生は、毎年ひとつ何か新しいことを始めるそうですが、私は今年の年初めに目標を立てそこなってしまったので、一つ何か考えてみようと思います。

うちの子に限っていじめるはずがない

NBCのDatelineという番組で放映された非常に画期的なMy kids never bullyというエピソードです。うちの子に限ってイジメをするはずがない!というニュアンスの題です。

5~6名の高校生を集め、その内の一人は実際にいじめを経験したことのある俳優/女優。1~2名はイジメ役をする女優/俳優。残りの子たちは、これから起こるイジメの場面が女優/俳優の演技であるとは知らされておらず別の目的で集まっていると思っています。部屋には隠しカメラがついており、別の部屋ではいじめの専門家一人と俳優/女優以外の子たちの親が、モニターの前で、これから子供たちがイジメの場面に出くわして、どのような反応を示すのかを見守っています。自分の子は傍観者になるのか?イジメに加わるのか?それともイジメている子を助ける側に回るのか?

色々な場面設定で実験は行われます。

最後はオーストラリアのイジメられ続けていた男の子の話です。

8歳で大学で学び始めた天才児

この番組は私がアメリカに来て以来、ずっと見続けてる番組です。毎週、興味深い話題が満載です。

IQはアインシュタインより高い170、3歳で5,000ピースのジグソーパズルを簡単にこなし、2週間でハイスクールのMathを独習し、8歳で大学のコースを取り始め、12歳でビッグバン理論に取り組み現在13歳の天才児。

チェルノブイリ事故後10年と20年のNHKドキュメンタリー

10年目ドキュメンタリー

20年目ドキュメンタリー

NHKはここまで調べてわかっているのに(国民のお金を費やして作ったドキュメンタリーですし)、それなのに今は口をぬぐって何も言おうとしないのですね。

4月26日  米国の社会的責任を果たすための医師団による共同会見:福島原発事故「子供の許容被ばく線量高すぎる」と疑問


アメリカの原発もいかに安全でなく安全対策が求められるとの指摘。そして、特に27分あたりから注目。 被爆による発ガン率は女性は男性より影響を受けやすく、子供は成人の2~3倍になる。日本が現在、子供に対して大丈夫だとしている許容量は「ショッキング」だと言っています。
内閣官房参与辞任した小佐古氏、政府の対応に納得できないと辞意

こちらはスリーマイルアイランドの研究者によるコメント。