防災対策お薦めページ

防災システム研究所ホームページ

過去に起こった様々な天災、災害の記録とそれに対する課題、対策をまとめてあるサイトです。

「津波心得の碑」のページでは先人の残した全国各所の津波警告の石碑の内容を書き起こしてありますが、その一つで1854年に建てられたものに、「百五十年前の宝永四年(1707)の地震の時にも浜辺へ逃げ、津波にのまれて死んだ人が多数にのぼった、と伝え聞くが、そんな話を知る人も少なくなったので、この碑を建て、後世に伝えるものである。」と書いてあります。

後世になんとか伝えようとした人の気持ちが、時を越えて伝わってくるとともに、人間の記録と記憶の限界を感じます。

また、恐らくこれは今回の災害以前に書かれているのだと思いますが、津波防災三か条として明治三陸地震津波で津波が30分以内に襲ってきたこと、北海道南西沖地震の例を挙げて、車では逃げないこと、津波は二波、三波と来ることも警告しています。

山村市の以下の政府への提言も、全く生かされていません。

 「東海地震は予知できたら儲けもののつもりで、原則は予知できないことを前提にした防災対策に切り替えるべきと考える。なぜならば、予知を前提としたこの法律制定後26年、この間に発生した大地震(北海道南西沖地震、鳥取県西部地震、芸予地震、宮城県北部地震、十勝沖地震)は、どれ一つ予知できていないからである。法律で定める以上、もっとしっかりとした根拠によるべきではなかろうか。そうしないと膨大な予算の無駄遣いと現場の混乱を更に続けることになる。」

被災から今までの、さまざまな報道を総合すると、このように警告を発し続けた人たちの意見は、政府によって、ことごとく無視され続けてきたのだと感じます。

このサイトでは、他にも今後起こりうる地震への警告、防災計画、災害対策も記してありますので、読んでおいて決して損はないでしょう。

またSweetHeartでも2005年から掲載している「最悪の事態から生還する方法」も是非合わせて読んでいただければと思います。特に、山村氏も「防災心理学」のページで述べている、「多数派同調バイアス」(majority synching bias)については、日ごろから意識しておくと良いのではないかと思います。

つまり、「過去経験したことのない出来事が突然身の回りに出来したとき、その周囲に存在する多数の人の行動に左右されてしまう。」ということです。「最悪の事態から生還する方法」では911やパンナム飛行機事故の人々の行動例を挙げています。山村氏の記事の中では韓国の地下鉄放火事件の人々の行動例を挙げています(特に掲載されている人々が煙のたちこめる地下鉄に平然と座っている姿には驚かされます)。

つまり、これは国民性に関係なく起こりがちな人々の行動パターンなのだとは思いますが、日本人、特に東京人は公共の場において、特に無関心であったり、他人の行動を見て自分の行動を決めるような傾向があると思うので、より一人ひとりが危機感を持つことが大切だと感じます。

以前、SweetHeartのメルマガに掲載した記事を思い出しましたので、再掲載します。

「知り合いがNYの日本領事館の危機管理セミナーで聞いたという話が大変興味深かった。ちょっと古い話になるが、1997年エジプトの観光地ルクソーにおいてイスラム過激派組織に所属する武装グループ6名が観光客に向けて銃を乱射、日本人10名を含む外国人観光客58名及び現地警察官等4名の計62名が死亡した事件についてである。

当時その場には、被害者の倍以上のスイス人、アメリカ人を多く含む観光客がいたという。スイス人の被害者もかなり多かったそうだが、一部は柵を乗り越えて7メートル程の高さを飛び降りて難を逃れ、アメリカ人は、葬儀殿の奥に隠れて一人も被害者がいなかったそうである。ところが、日本人はJTBツアーに参加していた10人全員が葬儀殿の真ん中で固まって射殺されていたという。

つまり、銃声を聞いた場合、日ごろから危機管理意識の強いアメリカ人、スイス人はとっさに伏せる、物陰に隠れるなどの行動を取ったけれども、危機感が薄く、周りの行動を見てから自分の行動を決
める日本人は、とっさに何もできずに全員固まったまま標的になってしまったのではないか、というのである。」

このことを多数派同調バイアスの観点から考えてみると、アメリカ人やスイス人、全員が危機管理意識を持っていたというよりは、スイス人には、少なくとも一人危機管理意識の強い人が柵を飛び越え、他のスイス人がその人に続いた。アメリカ人には、やはり少なくとも一人危機管理意識の強い人がいて葬儀殿の奥に隠れ、他のアメリカ人が続いた。ところが、日本人には、誰一人として危機管理意識を持つ人がいなかったとも考えられないでしょうか。

一人の危機感の持ち方によって、もしかしたら多くの危機感のない人の命も救われる可能性があるのかもしれません。 

孫正義×田原総一郎 ゲスト 田中三彦、後藤政志



Video streaming by Ustream

 

http://www.ustream.tv/recorded/13845813

最初の2時間は原発反対派の原発設計に関わった学者さんによる事故の詳細説明です。田原総一郎がかなりうっとうしいですので嫌いな人は2時間後からどうぞ。

Fred Korematsuを知っていますか?

fred.jpgCAでは2011年から1月30日をフレッド・コレマツDAYとして祝っているということですが、CA在住の方はご存知でしょうか?(2013年ユタ州とハワイ州でも宣言)

真珠湾攻撃の後、西海岸に住む日系アメリカ人はアメリカへのスパイの恐れありとされ、財産はすべて没収、強制収容所に送られます。そんな中、当時23歳のFred Korematsu氏は、ただ一人、日本人を収容所に入れるのは全ての人の自由と平等を謳うアメリカ合衆国憲法に反するものであるとして、異を唱え、強制退去を拒否、犯罪者として投獄されながらも最高裁まで上訴して戦いました。

(私自身は、レーガン大統領だかの時代に、ようやく日系人に対して強制収容は違法だったとして謝罪が行われ賠償金が支払われたというニュースがあったことは、かすかに覚えてはいたのですが、その中心人物が誰なのかは全く知りませんでした。)

コレマツ氏は最終的には、「日本人のスパイ活動は事実であり、戦時下では軍事上必要な事態である。」とする最高裁の決定により敗訴して犯罪者のレッテルを貼られてしまったばかりでなく収容所に送られてしまいます。

korematsu2.jpg

おとなしく国の決定に従わないコレマツ氏は、日系人の立場をより悪くするとして同胞からさえも非難を受け四面楚歌となります。

収容所から解放された後、コレマツ氏は西海岸に住むことを許されず、ユタ州に移住し水のタンクを修理する仕事につきますが、白人同僚の半分の給料しか払われていないことを知り、上司に同額の支払いを求めますが、反対に上司は警察を呼ぶと脅します。

コレマツ氏は職を辞し、希望を失ったまま、その後30年の沈黙を守ることになります。

やがて結婚し子どもにも恵まれますが、その犯罪歴のために職の選択は妨げられました。

そして戦後40年。コレマツ氏は、ピーター・アイロンズという法史研究学者から一通の手紙を受け取ります。手紙の内容は戦時中の資料の中から、日本人がスパイ活動をしていたという事実は無根であり、国が捏造したものであることを発見したというものでした。コレマツ氏はすでに64歳になっていましたが、再び立ち上がる決意をします。

裁判の途中で政府はコレマツ氏に対して特赦を申し出ますが、「私は国からの許しはいらない、許すとするならば、私が国を許すのです。」と述べ戦い続けます。

そして、ついに最高裁は日系人全てに対して謝罪をするにいたります。

コレマツ氏の不屈の精神も素晴らしいですが、他の日系人たちが、おとなしく粛々と強制収容所に向かう中、”If you have the feeling that something is wrong, don’t be afraid to speak up.”と。すべての日系人が強制収容は不平等だと知りながらも声をあげることのなかった中で、一人断固として収容を拒否する勇気と強さも素晴らしいと思います。(国への忠誠心を示すために収容所から志願して前線で勇敢に戦った人々のあり方も、別の形での戦いであり尊敬します。)

コレマツ氏ばかりでなく、戦時中に投獄されていたコレマツ氏を訪問し、無給で裁判で戦うことを申し出たErnest Besigという弁護士の強さ、正義感にも感動します。

2001年の9/11の際にはコレマツ氏はすでに82歳という高齢にもかかわらず、不当な拘束や投獄を受けていたアラブ系の人々のために、「国は二度と同じ過ちを繰り返してはいけない。」と警告を発し続けます。そして、2005年に亡くなるまで、それは続きます。

コレマツ氏の最後の言葉の一つです。
“I’ll never forget my government treating me like this. And I really hope that this will never happen to anybody else because of the way they look, if they look like the enemy of our country”. ”protest, but not with violence, and don’t be afraid to speak up. One person can make a difference, even if it takes forty years.” 

http://fredkorematsu.tumblr.com/
コレマツ氏の戦いを描いたコミック・ブック。Anupam Chander氏とMadhavi Sunderさんによって、9/11の後に辛い目にあっているアラブ系の子どもたちのために製作されました。全ページが上記のオンラインで読めます。(かなり長いですが、引き込まれます。)

http://www.aaba-bay.com/aaba/showpage.asp?code=yamamotoarticle
コレマツ氏の写真やその生い立ちがあります。

http://korematsuinstitute.org/
コレマツ氏のサイト

タバコの箱が変わりますが

gan.jpgアメリカでは25年間、タバコの箱に印刷してある健康被害に関する表示の変更がなかったそうですが、2012年を目処に箱の25%の面積を実際にタバコで死につつある人の写真や肺がんの写真、お母さんが赤ちゃんにタバコの煙をふきかけている写真などを載せるとFDAから発表されました。

昨日のラジオ番組で、このような措置は実際に有効であるかどうかということで、視聴者からの電話も交えつつ話し合われていました。視聴者からは「若い人は死についてなんて、まず考えないし、死はむしろロマンチックな幻想ですらあるから、こんなものは役に立たない。」「こんな広告にお金をかけるよりは、もっと、タバコをやめたい人を精神的にサポートするプログラムにお金をかけるべきだ。」「ニコチンパッドの値段をもっと下げることにお金を使うべきだ。貧乏人には高すぎる。」というものや、ある麻酔医の「私は、タバコの被害で、舌の切断、顎の一部の切断、口の切断をする人をたくさん見てきた。実際にこのような顔の写真を使った方がずっとインパクトがある。」というものなど、なかなか面白いディスカッションがされていました。

アメリカでは1999年、ビルボード(高速の脇に並ぶ大きな広告塔)でのタバコの広告が全面的に禁止になり、今までタバコの広告のあった場所にAnti-tobbaco 広告が貼られ、国をあげての禁煙運動が進みました。前007のボンド役ピアース・ブロズナンも以前はラークの日本での広告にジェームズボンド姿で起用されていたが、その後、彼はボンドのイメージがタバコの普及につながることを避けるため007の映画の中では決してタバコを吸うシーンを入れない、と宣言しました。

そこで、アメリカでの立場が悪くなったタバコ会社は、その活路をアジアや第三諸国に求めています。

それでは、日本は被害者かというと、とんでもない!日本のタバコ会社を代表する日本たばこ産業株式会社(Japan Tobacco Inc. 通称 JT)のタバコ販売のマーケットシェアは、なんと世界3位。アメリカほどではないにしても少しずつ嫌煙が進んできた日本でも国内消費の低下をやはり海外消費の上昇で補っているのです。

JTはドイツ、ロシア、トルコを含む18カ国にタバコ工場を持ち、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、中東など70カ国に市場を獲得しているそうで、その巨額の利益をご想像あれ!そして、この利益は一体どこに行くのだろう????と思って調べてみたら、全株式の半分以上は国が保有しなければならいと規定されているそうです。(以前は100%)国をあげて世界の不健康に貢献しているのかと思うと恐ろしい話です。

タコ(Octopus)の複数形は?

たこの複数形

知りませんでした!今日の夕食の時まで知りませんでした。夕飯に義理の両親と一緒にイタリアレストランに食事に行ったのですが、夫がシュリンプ・パルメジャンを注文。ここのshrimpsは大きいと言い間違いをしたのを義母が聞きとがめて「ShrimpはSなしで複数形よ。」という話から、私が何気に「じゃタコは?」と聞いたところ「Ocotopi(オクトパイ)よ。」との即答。なんだか響きがカワイイ!octopus.gifoctopus.gifoctopus.gif

 その複数形変換の不規則変換は習わなかった!他に、同じ変換をする言葉は?と聞いたところ、alumni(アラムナイ)との答え。アラムナイは学校の卒業生という意味でよく聞く言葉ですが、これがそもそも複数形だなんて考えたことがありませんでした。単数形はalumnusが男性、alumnaが女性。

これまた知らなかった!勉強不足反省!日々是勉強!

他には?radius(半径)の複数形は radii、stimulus(刺激)の複数形は stimuli、あ~やっと最後のStimuliだけは、かろうじて聞いたことがあった!

とここまで書いて、本当に正しいのだろうか?と今ググってみたところ、OcotopiかOctopusesかのディスカッションページがいくつかあって、結論は実は

オクトパイは昔からよくある英語の間違いなんだそうです。ちゃんちゃん♪

タコと言えばサッカーのワールドカップの勝者をずばり当て続けた霊能タコのパウロ君。またまた見事にスペイン優勝を当ててしまいましたね。ドイツーアルゼンチン戦でも、見事にドイツ勝利を予測したポール君にアルゼンチン人が、パウロ君を殺してパエリアにしてやると言っているとか・・・。

感動の犬NUBS

既にあちこちのテレビ局で放送している感動ストーリーなので、ご覧になった方も多いと思います。

イラクに派兵されていたアメリカ海兵隊少将ブライアン氏に野良犬の群れの中から一匹の犬が近づいてきます。その犬は耳が短く切られて二つのコブのように見えたのでブライアン氏はNubs(こぶ)と名付けてかわいがります。 

やがてブライアン氏に、75マイル(120数キロ)ほど離れたヨルダンの国境近くへの移動命令が出ます。軍の規則では犬を飼ったり祖国に連れ帰ってはいけないという規則があったため、ブライアン氏はNubsと別れを告げます。

別れの日、Nubsはブライアン氏の乗った軍用車を追いかけ続けたものの、やがて視界の中から消えて行きました。

ところが数日後、ブラン氏は表に自分の目を疑うような光景を目にします。そこには、傷つき疲れ果てながらも、ブライアン氏を見つけて喜びながら飛び跳ねるNubsの姿があったのです。

75マイルというと大体120キロで東京から静岡くらいの距離になります。それも砂漠です。一体Nubsがどうやって、その距離を歩いてブライアン氏のいる場所まで辿り着いたのか・・・。

現在、ブライアン氏とNubsはサンディエゴで暮らしています。

Nubsの話は絵本にまでなりました。 

 

Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy

自閉症(Autism-A Journy of Recovery)


ニュースの中で紹介された2歳で自閉症と診断され奇跡的な回復を遂げた息子を持つ母親が情報をシェアするために書き上げた本。
CNNニュースで紹介されていた本。2歳で自閉症と診断され奇跡的な回復を遂げた息子を持つ著者が、後身のために書き上げた本。”The Autism Sourcebook: Everything You Need to Know About Diagnosis, Treatment, Coping, and Healing from a Mother Whose Child Recovered”:http://www.amazon.com/Autism-Sourcebook-Everything-Diagnosis-Treatment/dp/0060799889/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1260409966&sr=8-1
ニュースの中で紹介されていた治療法:ABA(Applied behavior analysis)