ネイティブに近づくぞ!

最近、ひょんな成り行きから、アメリカ人の元言語学の先生から、あなたの発音を徹底的にネイティブに近づけてあげましょうとのオファーを受けて1週間に一回、スペイン人とロシア人と一緒に3人で発音レッスンを受けています。私は、中学の時に発音の厳しい英語塾で鍛えられたので、英語の発音は良い方だと思っていたのですが、先生に発音の間違いをいくつも指摘されて、それが全くの目からうろこなのです。

たとえば、women。wimen ウィメンと発音していたのですが、実はwimin ウィミン。menの綴りに引きづられていたのです。 onion もʌニオン的に発音していたのですが、実はˈʌnjən 。 つまりʌの次は、猫ちゃんの鳴き声、ニャンと言った方がいいんですね~。Johnがジョーンだと思っていたら、実はジャーンdʒάn。もうこれは、日本の中学の英語テキストの「ジョンさん」とか「スミスさん」とかでインプットされてしまった刷り込みの功罪です。

不思議なことに、正しい発音を覚えると、今までジョンにしか聞こえていなかったものが、ちゃんとdʒάnに聞こえて来るしonionもʌnjənに聞こえてくるんです。

ロシア人もスペイン人も、それぞれのお国訛りがあって面白いです。たとえばスペイン人は母音の長音が言えないんです。たとえば”sleek sheets”が”slick shit”になっちゃうんです。もう大笑いです。彼女は以前”Beautiful beach”と言ったのに”Beautiful bitch”と言ったと思われたことがあると自虐ネタを披露していました。

ロシア人の場合には、寒いお国柄のせいか、口を開けないでしゃべるので、モゴモゴモゴと、とにかく、わかりずらいです。英語ペラペラにしゃべってるのに、誰も言ってることがわからないという悲劇。決定的な弱点はWが言えない。Vになっちゃうんです。

私の場合は、やっぱりLとR。特に言いたいことにLとRが複数混ざっている場合などです。たとえば私が大好きな紅茶Earl Grey。カフェで注文する時に、よく聞き返されることが多いのですが、最近、先生の特訓のおかげで一発で通じるようになって実に愉快です。いくつになっても学ぶって楽しいなー上達するって嬉しいなーと思います。

最近凝ってるもの

SweetHeartのホームページ、しばらく掲示板以外は触っていなかったので、左横がかなり更新していない情報のオンパレードになっていたので、本日、思い切って断捨離しました。それを機に、SweetHeartダイアリーも、ぜんぜん毎日書いておらずダイアリーではない状態なので、「SweetHeart雑記帳」として、Iphoneからもアップロードしたり見られるようにワードプレスに引越しさせました。

ということで、最近凝っているのが、自家製ヨーグルトと自家製グラノーラです。自家製グラノーラの方は、去年ドイツに旅行に行った時にホテルの朝食で準備されていた何十種類ものシリアルやグラノーラとヨーグルトを食べて、お通じをはじめ体調がとてもよく感じられ、それ以来、朝食はヨーグルトとグラノーラにしています。

あらゆるヨーグルトとグラノーラを試したのですが、大抵が甘すぎる!そこで、この数ヶ月、自家製のグラノーラ作りを始め試行錯誤を重ねついに自分にピッタリとレシピを完成させました。

ヨーグルトに関しても、プレーンはいまひとつ酸っぱ過ぎるし、フレーバー物は、食品表示のSugarの量を見ると、かなりの砂糖の量で健康には良くなさそう。(それでも幾つか、おいしい物をみつけたので、またの機会にアップします。)

そこで、前回日本に帰国した際にスーパーの棚で見つけたのが、カスピ海のヨーグルトの菌種。ふじっこが販売元です。作り出したら、楽しい楽しい!植物を育てるのは苦手ですが、ヨーグルト育ては私にはとても向いているようです。(手間がかからないのもあります。常温で一晩~一日でできます。できた物から、少し取っておいて、またどんどん作れます。)味も、プレーンでも、ちょっと甘みがあってすっぱ味は少なくて、ほんのちょっと砂糖を入れるだけでOK.。

グラノーラの食物繊維とヨーグルトで腸活にもバッチリだと思います。

盲腸で入院

なんと先週、急性盲腸炎でお産以外で病気では初入院でした。

火曜日、朝から食欲がなく、夕方頃からいよいよ気持ち悪くなり始めて、夜に嘔 吐。昨晩のチキンとツナのBBQのせいか?と思い、早々にベッドに入りました。でも、下腹の痛みで、寝付けず、朝3時頃に日本で買い置きしてあったロキシ ニンを飲んで、やっと眠ることができました。

翌朝、目覚めると痛みはあるものの、寝込むほどではなし。その日、夫と息子が、1週間の予定でドイツに行く予定だったのですが、旅行をやめてもらうほどでもないと思い、いってらっしゃいと送り出しました。

昼過ぎに、やはり、下腹のうずきはあったので、夜にまた痛くなってもいやだと思い、念のためファミリードクターに電話するも、本日はもう予約が取れないとのこと。仕方なく、近くの予約なしで行けるUrgent Careをネットで見つけて行きました。

幸 い、全く混んでいなくて、医師にすぐに見てもらえて、お腹を何度かおした後に、「盲腸かもしれないから、すぐにERに行って。今、紹介状を書くから。」と 言われ「え~?それほど痛くないんですけど。ER行かないと駄目ですか?」と聞くと「Nothingということもあるかもしれないけど、そうじゃない場合 もあるから、ERに行ってください。僕からも後で病院にフォローアップしますから。」と言われ、そのまま家に帰ろうかと逡巡しつつも、大学病院のERは、 そこから5分の場所だったので、しぶしぶ行きました。

そして、チェックイン。もちろん、待てど暮らせど順番は来ない。その日は、また患者 が多い日で、看護師さんがCrazy Dayだと行っていました。もう、このまま帰ろうかとも思ったのですが、窓口で既に100ドルを払わされていたので、元を取らなければという気持ちもあっ て、とどまることにしました。それが午後3時頃。

ちょうど、URGENT CAREから出たところで、夫から電話があって、息子のパスポートの有効期限が1ヶ月しかなく、ドイツに行くには3ヵ月必要ということで、仕方ないから一人で行くからと電話あり。

診察待ちの個室に、すぐに通され、看護師が入れ替わり立ち代り症状を聞いたり、血圧を測ったりして、やっと医師らしき人が現れたのが、午後の8時。

こ の間、幸い、キンドルだけは持っていたので、どっぷり読書できたので、なんとか時間をやり過ごすことができました。「盲腸かもしれないから、キャットス キャンを取るので、造影剤を飲んでね」と死ぬほどまずい、マックシェークのLLサイズのようなものを渡され、早く帰りたい一心で一気飲み。「飲み終わって から2時間後のキャットスキャンになります。」と言われ、え~ってことは夜の10時かい?たぶん、このペースだと11時もありか!その挙句に、なんでもあ りませんでしと言われて帰ることになるんだろうな!きっと!と思いつつ、もうまな板の上の鯉。

そして、呼ばれたのが、やっぱりの11時。 さー、キャットスキャンに入るぞ!という瞬間に、技師さんに救急連絡で、重症患者が運び込まれたので、その人が先になりますとのことで、部屋の外へ。私と 入れ替わりに頭から、血を流した意識のない青年が運び込まれ、またまた待つこと30分あまり。

なんじゃ、かんじゃで待合室に戻ったのが、真夜中過ぎ。そして、1A.M.医者が来て、「やっぱり盲腸でした。このまま入院で、明日朝一番の6時に手術です。」とのこと、私「OMG!!!」

な んにも、持ってきてないし、30分で家に帰って、荷物つめて戻って来ます。I promiss!!」と訴えたのですが、「そうすると、医師の診断に反して、ということになって保険でカバーされなくなる可能性がありますよ。」と言わ れ、泣く子も黙る恐ろしいアメリカの医療費を思い、即、家に戻る案はギブアップ。

本当に不幸中の幸い!!家に戻っていた息子に電話して、「今から必要なものをテキストするから持ってきて。」ということで、PC、下着、洗顔フォーム、化粧クリーム、メークおとし、などを頼み、息子が来たのが1時半ごろ。

入院部屋に移動するので、待ってくださいねと言われたので、持ってきてもらったPCで「Youはなにしにニッポンへ3時間スペシャル」を見つつ、部屋の準備ができましたといわれたのが、ちょうど3時間見終わった時。つまり朝の4時半。

1時間半後には、手術だなーと思いつつ、うとうとしていて、目が覚めたら、既に8時。看護師さんに「あれ?私の手術の時間過ぎてる?」と聞いたところ、「ちょっと遅れてます。」と言われ、実際に手術したのは11時。

そして、話ははしょりにはしょって、退院は、翌日です!手術翌日の朝8時に、今日退院できるからと言われ、またまた待ちに待って、ようやく退院したのが4時P.M.

そ うそう、食事なんですが、手術の2日前は気持ち悪くてほとんど何も食べておらず、おまけに吐いていますからお腹は、からっぽ。1日前は、やっぱり絶食状 態。手術当日の夜だけ流動食。(真っ赤なゼリーとスープの上澄み液のようなもの。)そして手術の翌朝は普通食ということで、運ばれてきた朝食はパンケーキ 2枚とパンケーキに負けないくらい多きなチョコチップクッキー。

パンケーキを一口食べた途端に、OMGな甘さ!絶食3日の後の食事がこん な血糖値がスカイロケット的に上がる食事でいいのかい!!アメリカの病院は患者を殺す来かい!!と思いつつ、ナースコールで、「すみません。砂糖の入って ない朝食チョイスはありませんか?」とお願いして、持ってきてくれたのが、チェリオとライスクリスピーとスペシャルKの箱とWholeミルクとLow Fatミルク。どれがいい?と聞かれ、うーん、じゃ、スペシャルKとWholeミルクで・・・。

他に驚いたことと言えば、入院中にナースが5人は入れ替わり立ち代り来たのですが、全員、男性!ちょうど去年の今頃、父が日本の病院に入院していて、病院のナースって女性社会、女の園だなーと思っていたので、最近のアメリカの男性ナース率の多さに驚きました。

あ と、入院したのは大学病院で医師をトレーニングする場でもあるとのことで、入れ替わり立ち代り入ってくるレジデンスの若い医師たちが、ほとんど白人じゃな いこと。インド系、アジア系の圧倒的な多さです。きっと近い将来、この分野はインド系、アジア系に占有されるんだろうなと実感しました。特に、NJ州はそ うなのかもしれませんが。

それから、私と相部屋だった人が、なんと300ポンドの巨漢!交通事故だったそうですが、部屋に入ってから、私 が退院するまでの間、彼女が飲んだ液体はダイエット・コークのみ!あれだけ、大きい女性をナマで近くでは初めて見ました。まるでディズニー映画のリトル マーメイドに出てくるタコおばさんアースラ。洋服の着替えから下の世話、レントゲン室に連れて行くのも、大きな男性4人がかりで、それでもカーテンの向こ うから、男性たちの重量挙げ的な声が聞こえるほどでした。

まー、そんなこんなで、長い私の入院記を最後まで読んでくださった方。ありがとうございます。いったい、いくらの請求書が来るのか恐怖の楽しみです。また、この場でご報告します。

P.S.
手術は腹腔鏡手術なので、回復も早く、それでも1週間は、腹筋がまったく利かず、仰向けにしか寝れずに辛かったですが、今は、ほぼ平常どおりになりました。

日本の食卓風景と愛情表現

子供たちが大きくなるにしたがってスポーツや友達との付き合いで、食事の時間がバラバラになってしまうことも増えてきました。でも、どんな時間でも、ただチンするだけでも一応温めてあげて、こどもが食べている間は、一緒に座ってお茶を飲みながら、今日あったことなどを聞いたりします。(と言っても子供たちは早食いなので5分ほどで終わってしまうのですが。)

それは短い間でも私が大切にしている時間ですが、夫から見ると私が子供を甘やかしているように見えるようです。

でも、私にしてみると半分は意識的にしていますが、あとの半分は自分お母がそうしてくれたことを、ただ当たり前だと思ってやってきました。

子供たちのアメリカ人の友達の話を聞くと、ほとんどの子は、土日を除くと毎日お母さんがちゃんとした食事を作ることが、あまりないようで、毎晩コンビニのサンドイッチという子もいました。必ずしもお母さんが働いていて時間がないというわけではなく、スポーツ観戦などは熱心に夕飯時だろうとなんだろうと、何時間でも見ているお母さんたちです。

アメリカ人のお母さんたちは、子供たちへの愛情表現はとてもダイレクトだけれど、だからと言って子供に暖かい食事を作ってあげるのはまた別の次元のようです。だからアメリカでは、子供のランチと言えばピーナッツバター&ジェリーで、手間暇かけて”愛情”弁当などというものは、存在しないんだろうなと思います。

でも日本人にとっては(もちろん全員ではなく一般論として)、たとえハグやキスがなくても食事がひとつの大切な愛情表現なのではと、なんとなく以前から考えていたのですが、1年ほど前NHKで放送された日系アメリカ人として初のアメリカ閣僚となったノーマン・ミネタ氏の半生をドキュメントした「渡辺謙 アメリカを行く ”9・11テロに立ち向かった日系人”」という番組の中の、ミネタ氏の言葉に、やっぱりそうか!と思う一言がありました。

ミネタ氏は第二次世界大戦中、日本人収容所に入れられていた経験を持ちます。ミネタ氏がその時の過酷な体験を思い出しながら語っていたことなのですが、「日本人の家族というのは言葉でコミュニケーションはあまりしないが、一家団欒で一つの食卓を家族で囲んで食べることでアウンの呼吸のようなもので家族同士の心を通わせている。けれど、収容所では毎日大きな食堂で収容者全員で食事をとらされていたので、家族としてのプライバシーはなく、一家団欒の場が失われてしまった。それが日本人の家族の繋がりに大変影響を及ぼし、困難なできごとだった。」というような内容でした。

terau.jpg確かに日本のホームドラマでは、一つの食卓を囲んでコミュニケーションを取ってる風景が非常に多いですよね。その昔なら寺内貫太郎一家。いつも食事風景でした。去年放映された「梅ちゃん先生」でも、主演の堀北真紀ちゃんが、食事のシーンが多い日は、お腹がいっぱいになって大変だったとインタビューで答えていました。私の中にも、無意識の内に、そんな食事文化が浸透していたんだと改めて思いました。

ちなみに、ノーマンミネタ氏は911が起きた際に運輸長官を務めており、テロ直後、米国史上初めて民間航空機をすべて緊急着陸をさせています。また、その後、民間人が旅客機に搭乗する際の検査をイスラム系に対して厳しくしようとする社会の動き「人種プロファイル racial profiling」に対して、ミネタ氏は戦時中、日系人という人種によって選別され収容所に入れら、アジア系ということで差別された苦い経験から、同じような過ちを二度と繰り返してはならないとして、断固、人種や肌の色、国籍、宗教による区別に異を唱え、違法化しました。

今まで、飛行機に乗る度に、なんで明らかにテロリストじゃなさそうな人たちまでチェックされるんだ!効率悪い!と思っていたのですが、実は、その裏には、日系人の苦しい過去の経験があったのだと知り、納得できるようになりました。

ところで、もうすぐまた日系人の人権回復に寄与した一人Fred Korematsu氏の記念日です。

Facebookを見て落ち込む人々

Facebookが今日、上場されましたが、Facebookは実にさまざまな社会現象を起こしていますよね。

たとえば、Facebookで元カノや元カレ、ハイスクール・スイートハートとコンタクトして、そこから数々の不倫、離婚が生まれています。企業が新規雇用する前にFacebookをチェックするのは当たり前になっています。

今日ラジオ番組で聞いたのが、20代のFacebook鬱(ウツ)。他の友達のエキサイティングな出来事に満ちたFacebookを見て、それに比べて自分の人生は・・・と悲観して落ち込むのだそうです。

でもFacebookを書く人の多くは自分の生活のハイライト部分しか書きません。写真も一番良く撮れているものしか載せません。

それはテレビや雑誌に映っているアイドルとアイドルを売り出す会社と視聴者の関係と似ていると思います。つまり自分のFacebookは自分というアイドル(虚像・イメージ)を売り出すための媒体です。自分が人々に見られたい一定のイメージに近づけるために、自分の生活のハイライト部分のみを掲載していきます。でも見る側は、ついつい、それが、あくまでも編集されたその人のプロファイルであるということを忘れてしまうのです。

息子に聞いたら、フォモ(FOMO=Fear Of Missing Out)という言葉があるそうです。たとえば、退屈なパーティーに参加していて、退屈しのぎに友達のFacebookをチェックすると、彼(彼女は)は今現在、とても楽しいパーティーに参加していると写真つきで書いている。これは大変!そっちのパーティーに顔を出さなくっちゃ!と急いで、そっちのパーティーに行く。または退屈していなくても、他の人の参加しているパーティーの書き込みを見て、そっちの方がより楽しそうだと、そっちのパーティーに行ってみる。実際に行ってみると、書いてあるほどには、楽しくないことも多々あるそうですが、そうやって、「より」楽しいことをするチャンスを逃してしまうことを常に恐れていると同時に今現在自分のいる場所や状況が楽しめない心理に落ちっているわけです。なんだか気の毒な世代です。

ほのぼの親子

おととい昨日と一泊でシカゴの知り合いの結婚式に夫婦で参加してきました。結婚式が終わってすぐにChicago O’Hare International Airportに向かったのは午後7時。ここの空港は世界で一番離着陸が多い空港と言うだけあって、空港は人、人、人、人、まるでラッシュアワーの新宿駅のようです。座席もびっしり人で埋め尽くされていました。

私たちも席について、周りを見渡すと、隣に座る夫も含め、ほとんどの人がうつむきながらIphoneやIpodを操作しています。(Ipadで本を読んでいる人も決行たくさんいて、その普及率にも驚きました。)

そんな中、後ろの方に座っている東洋系のお父さんと17~18歳くらいの娘さんと息子さんが、向かい合わせに座って真ん中に置いたスーツケースを台にして、ずっとトランプに興じている姿が、なんともほのぼのしていて印象的でした。

若い頃、十数人でスキーに行って、徹夜でトランプの大富豪大貧民をして大いに盛り上がった日々を思い出しました。

数人の友達が、こどもたちのスリープオーバーをのぞくと、それぞれが携帯をいじっていると言っていましたが、年よりくさいですが、本当に私たちは便利さと引き換えに色々なものを失くしてしまったように思います。

300人でヨガ

yoooga.gif先週末、ヨガのお師匠様と一緒にペンシルバニア州で行われたヨガ講習会に参加してきました。大学のジムで行われたのですが、写真のように300人あまりの人がギッシリ。時間帯が違う別のレベルの人も合わせると、600人ものヨギー達。

私の60代のお師匠様によると、彼女がヨガを始めた20数年前は、ヨガをやっていると言うと、あたかも怪しい新興宗教のような目で見られたそうですが、いまやヨガは幅広い層に受け入れられて、武道や茶道、華道と同じで、さまざまな流派が生まれています。

このイベント会場に一歩踏み入れて、ン?何か違う!なんだろう?そうだ、みんなスリムじゃないの!と言うことでした。この手の大人数集まるイベントともなるとアメリカでは80%はオーバーウェイトの方々たちというのが普通ですが、(夫が先日、オハイオ州に仕事で行っていたのですが、ただの一人も細い人を見なかったそうです。)、さすが精鋭のヨギー達、きっとベジタリアンも多いのでしょう。細くてモデルみたいで思わず見とれてしまうほど綺麗な人もそこかしこ。ヨガ・ファッションも実に美しく、惜しげもなく体のラインが強調され、紐パンティーまでもが見えている人も。紐パンでヨガして食い込まないのか!?

お師匠いわく、プロのシェフの世界では日常料理するのは圧倒的に女性なのに、シェフは男性がほとんどなのと同じで、ヨガ人口は圧倒的に女性が多数派なのにもDVDも出すような突出した有名インストラクターは男性が多いとのこと。そして、その多くが若いピチピチのヨガウェアに身を包み、体をくねらせる女性達によって、道を過ってしまう人も多いんだそうです。さもありなん。

今冬のオリンピックも応援してます♪

ooono.gif“Dancing with the Stars”でのセクシーなダンスで視聴者を魅了して以来、ご無沙汰のApolo Anton Ohno君。今年の冬季オリンピックには出るんだろうか?と最近チラリと思っていたのですが、しっかり健在のようです!

CNNの記事によると、Ohnoのオリンピック出場は今期で3回目になるそうです。厳しい練習に長年にわたって耐え抜く選手はそうは存在せず、2期にわたってオリンピックに出るのも相当な困難なのに、3期にわたってオリンピックに挑むのは稀有のことらしいです。

是非是非今年も頑張って欲しいです。ついつい日本人の血が流れる選手を応援したくなってしまいます。

 

終わったー!クリスマス

xmas09.jpg今年も疲労困憊のクリスマスが終わりました!日本の典型的核家族構成で育った私にとって夫の大家族の全員集合は、精神的にも肉体的にもかなり疲れます。

義理の両親の家に今年も集まったり総勢25人。我が家じゃなくてよかったー。10年ほど前までは義母が元気で全て手作りで何種類もの食事がテーブルに並んだものですが、さすがに寄る年波に勝てず、完全ケータリング。

プレゼント交換も、以前は大人も子供も全員がくじ引きで当たった人向けのプレゼントを買って交換するという方式でしたが、今年からは簡素化して、プレゼント交換するのは高校生以下の子ども達のみになりました。

予算は一人50ドルですが、中学生以上の子の場合、Amazon,Itune,GameStopなど、どこかのギフトカードのプレゼント。これも最近の傾向です。

ついに買っちゃいました!

ついに買っちゃいました。念願の・・念願の・・・・ウォッシュレットを!

ずっとずっと買いたかったのですが、「便座ごときにそんなお金をかけるのは信じられない!日本人はCrazyだ!」と言う夫との異文化摩擦もあって・・・(^^;;

でも長年かけて説得したんです。お尻がきれいな事が、どんなに気持ちいいか。

結局、一番喜んでいるのは夫です。

私「友達みんなにウチのトイレを使いに来るように言わないでよ。」
夫「え?もうみんなに、ウチのトイレがどんなに素晴らしいかメールしちゃったよ。」
次男「ぼくももうフェースブックに載せちゃった。」

おいおい。

我が家のトイレはTOTOです。アメリカのいくつかのお店でも売ってはいるのですがオンラインで買うのに比べたら値段がほぼ倍です。オンラインでは結構扱っているサイトが多いのですが、色々時間をかけて調べた結果、安くて安心、送料無料、配達超迅速(注文の次の日に来ました。)という店はこちらでした。http://www.homeperfect.com/ 

設置ですが、私の友人のご主人は自分で付けたそうですが、うちの夫は電球を換える以上のことができない人なので、Plumberに頼みました。Washletなんて聞いたこともないという方でしたが、英語の設置説明書を見ながら、それほど苦労することもなく付けてくれました。