ネイティブに近づくぞ!

最近、ひょんな成り行きから、アメリカ人の元言語学の先生から、あなたの発音を徹底的にネイティブに近づけてあげましょうとのオファーを受けて1週間に一回、スペイン人とロシア人と一緒に3人で発音レッスンを受けています。私は、中学の時に発音の厳しい英語塾で鍛えられたので、英語の発音は良い方だと思っていたのですが、先生に発音の間違いをいくつも指摘されて、それが全くの目からうろこなのです。

たとえば、women。wimen ウィメンと発音していたのですが、実はwimin ウィミン。menの綴りに引きづられていたのです。 onion もʌニオン的に発音していたのですが、実はˈʌnjən 。 つまりʌの次は、猫ちゃんの鳴き声、ニャンと言った方がいいんですね~。Johnがジョーンだと思っていたら、実はジャーンdʒάn。もうこれは、日本の中学の英語テキストの「ジョンさん」とか「スミスさん」とかでインプットされてしまった刷り込みの功罪です。

不思議なことに、正しい発音を覚えると、今までジョンにしか聞こえていなかったものが、ちゃんとdʒάnに聞こえて来るしonionもʌnjənに聞こえてくるんです。

ロシア人もスペイン人も、それぞれのお国訛りがあって面白いです。たとえばスペイン人は母音の長音が言えないんです。たとえば”sleek sheets”が”slick shit”になっちゃうんです。もう大笑いです。彼女は以前”Beautiful beach”と言ったのに”Beautiful bitch”と言ったと思われたことがあると自虐ネタを披露していました。

ロシア人の場合には、寒いお国柄のせいか、口を開けないでしゃべるので、モゴモゴモゴと、とにかく、わかりずらいです。英語ペラペラにしゃべってるのに、誰も言ってることがわからないという悲劇。決定的な弱点はWが言えない。Vになっちゃうんです。

私の場合は、やっぱりLとR。特に言いたいことにLとRが複数混ざっている場合などです。たとえば私が大好きな紅茶Earl Grey。カフェで注文する時に、よく聞き返されることが多いのですが、最近、先生の特訓のおかげで一発で通じるようになって実に愉快です。いくつになっても学ぶって楽しいなー上達するって嬉しいなーと思います。

Eckhart Tolle エックハルト・トール の「Power of Now」

Power of now

本との出合いというのは人との出会いのように偶然と必然とがあると思うのですが、この本の著者について3日を分かたずして友達と長男の両方から名前を聞いて、すぐさま購入しました。

筆者は若い頃、長期にわたる自殺願望があり、ついに自殺を結構しようとした時に、悟りの境地を開き、その後ホームレス生活を送った後、本を出版。やがて、その本がオプラ・ウィンフリーの雑誌で紹介され、一躍NYタイムスのベストセラーになったそうです。

Power of Nowはタイトルどおり、本を貫いているのは「過去でも未来でもなく今この瞬間」を生きよ、というシンプルな禅的なメッセージです。

私たちは、過去の痛みを現在に投影してネガティブな気分になったり、未来の事を案じて今この時を不安の中で過ごしたりしてしまいがちです。そうは、わかっ ていても、そんな心の動きを止めることは、かなり難しいものです。心は、いたずらな猿のように枝から枝へと過去と未来の間を飛び周り続けます。そんな心 を、どうやって「今」に引き戻したらいいのかを禅問答のような難解な言葉ではなく、とても噛み砕いて説明してくれていて、心にすーっと入ってきます。

 

 

 

最近凝ってるもの

SweetHeartのホームページ、しばらく掲示板以外は触っていなかったので、左横がかなり更新していない情報のオンパレードになっていたので、本日、思い切って断捨離しました。それを機に、SweetHeartダイアリーも、ぜんぜん毎日書いておらずダイアリーではない状態なので、「SweetHeart雑記帳」として、Iphoneからもアップロードしたり見られるようにワードプレスに引越しさせました。

ということで、最近凝っているのが、自家製ヨーグルトと自家製グラノーラです。自家製グラノーラの方は、去年ドイツに旅行に行った時にホテルの朝食で準備されていた何十種類ものシリアルやグラノーラとヨーグルトを食べて、お通じをはじめ体調がとてもよく感じられ、それ以来、朝食はヨーグルトとグラノーラにしています。

あらゆるヨーグルトとグラノーラを試したのですが、大抵が甘すぎる!そこで、この数ヶ月、自家製のグラノーラ作りを始め試行錯誤を重ねついに自分にピッタリとレシピを完成させました。

ヨーグルトに関しても、プレーンはいまひとつ酸っぱ過ぎるし、フレーバー物は、食品表示のSugarの量を見ると、かなりの砂糖の量で健康には良くなさそう。(それでも幾つか、おいしい物をみつけたので、またの機会にアップします。)

そこで、前回日本に帰国した際にスーパーの棚で見つけたのが、カスピ海のヨーグルトの菌種。ふじっこが販売元です。作り出したら、楽しい楽しい!植物を育てるのは苦手ですが、ヨーグルト育ては私にはとても向いているようです。(手間がかからないのもあります。常温で一晩~一日でできます。できた物から、少し取っておいて、またどんどん作れます。)味も、プレーンでも、ちょっと甘みがあってすっぱ味は少なくて、ほんのちょっと砂糖を入れるだけでOK.。

グラノーラの食物繊維とヨーグルトで腸活にもバッチリだと思います。

盲腸で入院

なんと先週、急性盲腸炎でお産以外で病気では初入院でした。

火曜日、朝から食欲がなく、夕方頃からいよいよ気持ち悪くなり始めて、夜に嘔 吐。昨晩のチキンとツナのBBQのせいか?と思い、早々にベッドに入りました。でも、下腹の痛みで、寝付けず、朝3時頃に日本で買い置きしてあったロキシ ニンを飲んで、やっと眠ることができました。

翌朝、目覚めると痛みはあるものの、寝込むほどではなし。その日、夫と息子が、1週間の予定でドイツに行く予定だったのですが、旅行をやめてもらうほどでもないと思い、いってらっしゃいと送り出しました。

昼過ぎに、やはり、下腹のうずきはあったので、夜にまた痛くなってもいやだと思い、念のためファミリードクターに電話するも、本日はもう予約が取れないとのこと。仕方なく、近くの予約なしで行けるUrgent Careをネットで見つけて行きました。

幸 い、全く混んでいなくて、医師にすぐに見てもらえて、お腹を何度かおした後に、「盲腸かもしれないから、すぐにERに行って。今、紹介状を書くから。」と 言われ「え~?それほど痛くないんですけど。ER行かないと駄目ですか?」と聞くと「Nothingということもあるかもしれないけど、そうじゃない場合 もあるから、ERに行ってください。僕からも後で病院にフォローアップしますから。」と言われ、そのまま家に帰ろうかと逡巡しつつも、大学病院のERは、 そこから5分の場所だったので、しぶしぶ行きました。

そして、チェックイン。もちろん、待てど暮らせど順番は来ない。その日は、また患者 が多い日で、看護師さんがCrazy Dayだと行っていました。もう、このまま帰ろうかとも思ったのですが、窓口で既に100ドルを払わされていたので、元を取らなければという気持ちもあっ て、とどまることにしました。それが午後3時頃。

ちょうど、URGENT CAREから出たところで、夫から電話があって、息子のパスポートの有効期限が1ヶ月しかなく、ドイツに行くには3ヵ月必要ということで、仕方ないから一人で行くからと電話あり。

診察待ちの個室に、すぐに通され、看護師が入れ替わり立ち代り症状を聞いたり、血圧を測ったりして、やっと医師らしき人が現れたのが、午後の8時。

こ の間、幸い、キンドルだけは持っていたので、どっぷり読書できたので、なんとか時間をやり過ごすことができました。「盲腸かもしれないから、キャットス キャンを取るので、造影剤を飲んでね」と死ぬほどまずい、マックシェークのLLサイズのようなものを渡され、早く帰りたい一心で一気飲み。「飲み終わって から2時間後のキャットスキャンになります。」と言われ、え~ってことは夜の10時かい?たぶん、このペースだと11時もありか!その挙句に、なんでもあ りませんでしと言われて帰ることになるんだろうな!きっと!と思いつつ、もうまな板の上の鯉。

そして、呼ばれたのが、やっぱりの11時。 さー、キャットスキャンに入るぞ!という瞬間に、技師さんに救急連絡で、重症患者が運び込まれたので、その人が先になりますとのことで、部屋の外へ。私と 入れ替わりに頭から、血を流した意識のない青年が運び込まれ、またまた待つこと30分あまり。

なんじゃ、かんじゃで待合室に戻ったのが、真夜中過ぎ。そして、1A.M.医者が来て、「やっぱり盲腸でした。このまま入院で、明日朝一番の6時に手術です。」とのこと、私「OMG!!!」

な んにも、持ってきてないし、30分で家に帰って、荷物つめて戻って来ます。I promiss!!」と訴えたのですが、「そうすると、医師の診断に反して、ということになって保険でカバーされなくなる可能性がありますよ。」と言わ れ、泣く子も黙る恐ろしいアメリカの医療費を思い、即、家に戻る案はギブアップ。

本当に不幸中の幸い!!家に戻っていた息子に電話して、「今から必要なものをテキストするから持ってきて。」ということで、PC、下着、洗顔フォーム、化粧クリーム、メークおとし、などを頼み、息子が来たのが1時半ごろ。

入院部屋に移動するので、待ってくださいねと言われたので、持ってきてもらったPCで「Youはなにしにニッポンへ3時間スペシャル」を見つつ、部屋の準備ができましたといわれたのが、ちょうど3時間見終わった時。つまり朝の4時半。

1時間半後には、手術だなーと思いつつ、うとうとしていて、目が覚めたら、既に8時。看護師さんに「あれ?私の手術の時間過ぎてる?」と聞いたところ、「ちょっと遅れてます。」と言われ、実際に手術したのは11時。

そして、話ははしょりにはしょって、退院は、翌日です!手術翌日の朝8時に、今日退院できるからと言われ、またまた待ちに待って、ようやく退院したのが4時P.M.

そ うそう、食事なんですが、手術の2日前は気持ち悪くてほとんど何も食べておらず、おまけに吐いていますからお腹は、からっぽ。1日前は、やっぱり絶食状 態。手術当日の夜だけ流動食。(真っ赤なゼリーとスープの上澄み液のようなもの。)そして手術の翌朝は普通食ということで、運ばれてきた朝食はパンケーキ 2枚とパンケーキに負けないくらい多きなチョコチップクッキー。

パンケーキを一口食べた途端に、OMGな甘さ!絶食3日の後の食事がこん な血糖値がスカイロケット的に上がる食事でいいのかい!!アメリカの病院は患者を殺す来かい!!と思いつつ、ナースコールで、「すみません。砂糖の入って ない朝食チョイスはありませんか?」とお願いして、持ってきてくれたのが、チェリオとライスクリスピーとスペシャルKの箱とWholeミルクとLow Fatミルク。どれがいい?と聞かれ、うーん、じゃ、スペシャルKとWholeミルクで・・・。

他に驚いたことと言えば、入院中にナースが5人は入れ替わり立ち代り来たのですが、全員、男性!ちょうど去年の今頃、父が日本の病院に入院していて、病院のナースって女性社会、女の園だなーと思っていたので、最近のアメリカの男性ナース率の多さに驚きました。

あ と、入院したのは大学病院で医師をトレーニングする場でもあるとのことで、入れ替わり立ち代り入ってくるレジデンスの若い医師たちが、ほとんど白人じゃな いこと。インド系、アジア系の圧倒的な多さです。きっと近い将来、この分野はインド系、アジア系に占有されるんだろうなと実感しました。特に、NJ州はそ うなのかもしれませんが。

それから、私と相部屋だった人が、なんと300ポンドの巨漢!交通事故だったそうですが、部屋に入ってから、私 が退院するまでの間、彼女が飲んだ液体はダイエット・コークのみ!あれだけ、大きい女性をナマで近くでは初めて見ました。まるでディズニー映画のリトル マーメイドに出てくるタコおばさんアースラ。洋服の着替えから下の世話、レントゲン室に連れて行くのも、大きな男性4人がかりで、それでもカーテンの向こ うから、男性たちの重量挙げ的な声が聞こえるほどでした。

まー、そんなこんなで、長い私の入院記を最後まで読んでくださった方。ありがとうございます。いったい、いくらの請求書が来るのか恐怖の楽しみです。また、この場でご報告します。

P.S.
手術は腹腔鏡手術なので、回復も早く、それでも1週間は、腹筋がまったく利かず、仰向けにしか寝れずに辛かったですが、今は、ほぼ平常どおりになりました。

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」 (坪田信貴:著)

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」 (坪田信貴:著)

面白くて1晩で読みきってしまいました。涙あり笑いあり、とても軽い乗りで書かれているのに深い子育て論あり、教育論あり、人間関係、親子関係まで考えさせられる本でした。

高校2年生で教科書の聖徳太子を見て 「この女の子、超かわいそうじゃね?」 「だって、この子、きっと超デブだったから、こんな名前をつけられたんだよ。『せいとく たこ』 なんて・・・」と言ったり、日本地図を描けと言われれば大きなひとつの円を描いていた学力は全国の最下部2%、小学4年程度の学力という金髪ギャルが、塾の先生(筆者)に導かれながら、精神的にも成長し、最後には壊れかけた家庭もひとつになっていく実話です。(お父さんとお母さんの教育方針の全くの違いも家庭不和の原因でした。)

さやかちゃんという子の頑張りもすごいのですが、やはり名選手の後ろに必ず名コーチありで、人生の絶妙なタイミングで素晴らしいMentor(よき指導者)に出会えることの大切さ幸運さついてもつくづくと考えさせられました。

嫌われる勇気-白蓮れんれん-ゼロ-Light on Life

おととし、キンドルを購入してから、再び、ずいぶん本を読むようになりました。日本語の本は、まだまだキンドル化が遅れていて、それほど豊富でないのが残念ですが、最近読んで面白かった本をいくつか紹介します。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
アルフレッド・アドラーの名前は知っていましたが、彼がフロイト、ユングと並ぶ心理学の三大巨頭だとは知りませんでした。

フロイトが、現在の行動心理を幼い時の経験やトラウマと結びつけるのとは正反対に、多くの人は現在の悩みを、経験や環境のせいにして立ち止まってしまっているが、それは立ち止まるための言い訳を自分に与えてしまっているのに過ぎない。

人生を過去から未来につながら一本の線と思うと、今現在に幸福感を感じる
ことが難しくなる。現在の努力は未来のゴールのためにあると思ってしまうと未来しか見えない。現在のこの苦労は過去の経験や環境のせいだと思ってしまうと、過去しか見えない。

旅の目的地があったとしても、その目的地まで飛行機で1時間でついてしまう方法もあるかもしれないが、旅そのものを楽しむために鈍行列車でその旅の瞬間瞬間を楽しむことが今を生きることであり、「人生は(一本の線ではなく)刹那の連続」である。

などなど、哲学者と青年(できの良い長男と比べられながら育ち、強い劣等感を持ち、現在は図書館司書という平凡なパッとしない人物)の会話という形式で、非常にわかりやすく、アドラー心理学を説明しています。

嫌われる勇気という題名は、ちょっとミスリーディングかと思います。人間関係の悩み、生きがいとは、幸せとはを改めて考えさせてくれます。

Light on Life
今年亡くなったYOGAの大家アイアンガーの教えの集大成。YOGAをしない人にもお勧めな、知恵がたくさん盛り込まれています。

賢人の教えというのは、共通点が多いもので、上記のアドラー心理学につながる数々の教えがあります。

“Memmory is useless if it brings about a repetition of the past that impedes the process of out evolution. ”

“By sorting out wanted from unwanted memory, we allow new experiences to surface.”

などなど。日本語訳版は「アイアンガー 心のヨガ―人生に光を灯すためにだと思います。

白蓮れんれん  林真理子
NHKの朝ドラ「花子とアン」で注目を集めた大正時代の歌人白蓮の波乱万丈の人生の物語。白蓮と駆け落ちをして結ばれる年下の恋人宮崎龍介との間に交わされた実際の手紙も数多く引用されています。林真理子さんは、女性ならではの、あるあるな意地悪や嫉妬目線で小説を書くのが上手だといつも思います。日本からアメリカに戻る飛行機の中で一気読みしたのですが、長い飛行時間が短く感じられました。

ゼロ 堀江 貴文

一世風靡したホリエモンと呼ばれた人。彼が自身の人生を振り返って今、何を思うのかを知りたくて、ちょっと覗き見趣味的な気持ちから読んでみました。半年前くらいに読んだので、すでにあまり記憶にないのですが、なかなか面白かったです。

 

干し柿の赤ワン漬け

kaki.jpg

干し柿は、特に好きなわけじゃなく、年に1つ位なら、なんとなく食べたいかな?でも、食べなくても全然問題なし!くらいな食べ物なのですが、先日、韓国系スーパーに寄ったら、干し柿が山積みにしてあっって8個も入っていたのに、つい買ってしまいました。

家に帰って一個食べて十分満足して、さてあとの7個をどうしよう・・・と思って、クックパッドで検索してみたところ、干し柿の赤ワン漬けというのを見つけました。

ちょうど余っていた赤ワインもあったので、Zipロックに干し柿がひたひたになる位の赤ワインを入れて冷蔵庫で保存すること3日。(写真左側がつけ上がった状態。)

ラムレーズンのように、多分バニラアイスクリームを一緒に食べたらおいしいかも、と思い漬けた干し柿をチョキチョキとキッチンばさみで写真左のように切ってハーゲンダッツのバニラとまぶして食したところ、これがおいしい!!!干し柿が完全におしゃれなデザートに大変身。

もっと赤ワインっぽい味がするのかと思ったら、赤ワインの癖はほとんど抜けていて、アルコール分もあまり感じないほど。そこで、酒好きな私は、ラム酒をちょっぴり垂らしてみたところ、さらにさらにおいしい!!

おためしあれ。

映画レ・ミゼラブル

kakumei.jpgいま、映画レ・ミゼラブルを見終わったのですが、久々に感動の涙を流しました。最近のハリウッド映画は、カーチェース、暴力シーン、必要以上の性的描写が多く食傷気味だったのですが、レ・ミゼラブルは豪華絢爛なハリウッド映画と本場NYのミュージカルの醍醐味を見事に合体させた素晴らしいできだと思いました。

ミュージカルの方は数年前に見て、それはそれで感動したのですが、その時に把握しきれなかった各登場人物の心の動きが映画の方が、ずっとよく理解でき(ミュージカルも映画も構成や歌はほとんど同じなのですが、多分それぞれの俳優の表情がアップにされることと、ヒュージャックマンを始めとする俳優女優陣の演技と歌のうまさ、映画ならではの作り込んだリアリティーのある場面のために感情移入がしやすいからかもしれません。)

唯一、難を言うなら、最後まで執拗にジャンバルジャンを追い詰めるジャベール役のラッセル・クローが、全くはまり役ではなかったことと、彼の演技が今一つだったことです。

P.S.革命家の俳優さんが可愛かった!(写真)。

93才のヨガ・インストラクター

私が初めてヨガに出会ったのは20代前半。先輩がヨガの先生で、彼女の自宅スタジオに1週間に1度、1年くらい通っていました。でも、別に特に得ることもなく、その後の人生でも、気が向くとストレッチ感覚でジムでやっているクラスに参加する程度でした。

でも3年ほど前に、なんとなく「またヨガでもやってみるか。どうせやるなら、本格的に・・」と思い、検索してみたところ、歩いて2分のご近所さんがヨガを自宅で教えているのを発見。これまで、15年以上ご近所さんだったのに、まったく面識のない方だったのすが、1度目のレッスンから彼女の教えるヨガにほれ込んでしまいました。

彼女は現在60才。でも、彼女の取るポーズはとても美しく、こんな風になりたい!と思いました。

以下のビデオは、なんと現在93才のヨガの先生の動画です。「人生はシャンパンを飲むようなもの」「学ぶことがたくさんあり過ぎて人生の時間が足りない」などなど素敵なことをたくさん言ってます。

ところで、去年日本に行った時に受講したヨガの先生が87才でした!このYoutubeの先生にまったく負けないどころか、もっと若々しくて声に張りがあり、肌もぴちぴち、体も柔軟、ふくよかで、笑顔が美しい方でした。こんな風に年を重ねられたらいいなーとつくづく思ったのでした。

ご年配の方の話題ついでに、以下は102才の日野原重明先生のFace Bookに毎日ひとつアップされているインスピレーションです。

★健康法を探すより日々に張り合いや目標を見つけましょう。
★生きている限り自分で自分を育てていかなければなりません。

100才過ぎてFacebookを始めた先生、すごいですよね。末席ながら私の母も人生ずっと金槌だったのが60才で水泳を始めて泳ぎをマスターし、70過ぎてからPCを始めて、今では趣味の折り紙教室では最高齢にも関わらず会計担当でエクセルを使いこなしています。人間やればできるんですよね。

今年も年が明けて、あっと言う間に、なんと1か月が過ぎて、もう2月です。日野原先生は、毎年ひとつ何か新しいことを始めるそうですが、私は今年の年初めに目標を立てそこなってしまったので、一つ何か考えてみようと思います。