前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにしてホームに戻る〕 〔ホームに戻る

104138 re(1):ピアノ・バイオリンの天才児
2017/4/5(水)17:30 - 1主婦 - 673 hit(s)

引用する
現在のパスワード


私は米国、東海岸に在住しています。
息子がおりますが、現在は大学のジュニアです。私は小さい頃からピアノをやっていたのですが、
才能もなく、途中で辞めましたが、子供には情操教育の一環として、8歳位からチェロを
習わせていました。中学時代からずっと個人レッスンまでつけていました。
一つの願いとしては、ある程度まで弾ければ一生の間でチェロに触れ人生も豊かになるのでな
ないかと思っていました。
取りあえずは、18歳まで弾き続けましたが、大学生となって親元を離れたらチェロは実家に
置いて行き、特に弾くでもありません。

彼が高校のときにはオーケストラに所属していましたが、これがなんとアジア系がほぼ占めて
いました。発表会などは舞台を見ていて皆、髪の毛が黒い学生ばっかり。
名簿などをみても、中国、韓国、ベトナム系などの名前がずらりと並んでいました。

しかし、息子は陸上もしていたのですが、これはコケージョンが多かったです。
この違いは何だろうと思ったことがあります。

オーケストラの友人とも息子は実家に戻るたびに会ったりしていますが、大学になっても
楽器をやっている子はいなかったです。
やはり情操教育の一環だったのでしょうかね?

そのオーケストラを指導する先生は音楽のPhdで、ヴァイオリン奏者でもありましたが、
教師として生活は問題ないのかもしれませんが、チェロの先生も学校で教えていても、
個人レッスンの生徒を取ったり、ある楽団に所属していてもやはり教えていましたね。

私はその世界のことは良くわかりませんが、スポンサーが居てくれれば大きく宣伝して更に
は名前が広まり、そこから更には大きく飛躍していけるのではないかと思っていますが、
それとて本当に才能ですよね。

ピアニストのキーシンは天才ピアニストでもあると思いますが、彼がまだデヴューしたての
10代に聴いた時と年齢を重ねた今とでは技術はもちろん、聴いている側としては、
雲泥の差がある様に思います。
恐らく、かれの情緒的なものが大きく加味されて素晴らしいピアノ奏者となられたと
私の様な一庶民は思います。
10代の時は素晴らしいタッチと精巧な弾きだった、しかし何か物足りなさ
を感じたのですが、それでも素晴らしい演奏だと思いました。
しかし、今はそれ以上ですね。彼の人生がきっと反映されているのではないかと思います。

長々と失礼しました。


〔ツリー構成〕

【104126】 ピアノ・バイオリンの天才児 2017/4/3(月)13:23 ちえみ (1962)
┣【104131】 re(1):ピアノ・バイオリンの天才児 2017/4/4(火)15:53 素人ですが (898)
┣【104136】 re(1):ピアノ・バイオリンの天才児 2017/4/5(水)11:51 ちえみ (1609)
┣【104137】 re(2):気候と楽器 2017/4/5(水)12:22 素人ですが (630)
┣【104139】 re(3):気候と楽器 2017/4/6(木)11:23 ちえみ (520)
┣【104138】 re(1):ピアノ・バイオリンの天才児 2017/4/5(水)17:30 1主婦 (1973)
┣【104140】 re(2):ピアノ・バイオリンの天才児 2017/4/6(木)12:06 ちえみ (1607)
┣【104141】 re(1):ピアノ・バイオリンの天才児 2017/4/6(木)20:55 凡人 (315)
┣【104152】 re(1):ピアノ・バイオリンの天才児 2017/4/9(日)01:20 アメリカママ (423)
┣【104154】 re(1):ピアノ・バイオリンの天才児 2017/4/10(月)11:41 ちえみ (428)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにしてホームに戻る〕 〔ホームに戻る

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.